2019.11.27

男性の誠実さアピールはあざとい?本当に誠実な男の10の言動


狙った女性を落とすためなら、時に誠実ぶる、真面目アピールをするという男性は世の中に一定数存在しています。そんな男性にまんまと引っかかり、後々泣きを見る女性は後を絶ちません。
本当に誠実な男性は、一見するとその誠実さが見えにくいものです。誠実に見えるその行動・態度が、本心からくるものかどうかを見極められることが、本当に誠実な男性と出会うためのポイントになります。
この記事では、本当に誠実な男性の共通点や、誠実ぶる男の特徴、本当に誠実な男性を捕まえるためのテクニックなどについてお話していきたいと思います。

「付き合う男性にことごとく浮気をされる」という苦い経験をしている人も多いかと思います。テレビのニュースを観ても「芸能人の誰と誰が浮気をした」といった話題が頻繁に流れ、「男性=浮気をする生き物」というイメージが根付いてしまっている人も少なくないでしょう。
さて、あなたの身の回りにここまで「誠実な男性」がいないのはどうしてでしょうか?ここではその理由についてみていきましょう。

そもそも誠実な男は恋愛市場にいない

本当に誠実な男性は、一般的にモテない、もしくはモテようとしない人が多いことから、そもそも恋愛市場に姿を現すことが少ないです。恋愛よりも仕事や趣味などに時間を使いたいタイプが多いので、バーや合コンといった恋が生まれやすい場所には始めから出向こうと思わないのでしょう。
もしあなたが日頃から恋愛につながりそうな場所(バー・合コン・恋活イベントなど)で出会い探しをしているのであれば要注意。この手の場所にこそ誠実ぶる男は潜んでいますから、「落としやすそう」という理由で目をつけられ、まんまと誠実ぶる男を彼氏にしてしまうことも十分にありえるのです。

誠実ぶる男性と違って、女性に対するアピールを過剰に行わないところが「誠実な男性」に共通するポイントのひとつ。また、もともと人の心の痛みが理解できる優しい人であることが多いです。
ここでは、本当に誠実な男性が見せる行動や特徴の共通点を10個ほどピックアップしてみました。

誠実な男性のLINEはマメだけど内容が淡泊

誠実な男性かどうかは、LINEの返信の仕方や返信内容などでもある程度判断することができます。「ちゃんと遅れないように返信しよう」という誠実な気持ちが働くらしく、返信頻度は基本的にマメです。
ただ内容に関しては、女性目線から見て物足りない内容であることが多いかもしれません。誠実な男性は女性とのコミュニケーションに長けていないところがあるので、どうしても内容が淡泊になりがちです。
逆に普段から饒舌で、LINEでも長々と耳障りのよい言葉を多用してくる男性には要注意。誰にでも似たような内容のLINEを送っている可能性がありますし、返信がやたらと遅い場合も、あなたとのやりとりに対する本気さが感じられず、誠実さが足りていないと判断できます。

誠実な男は過去に浮気されて傷ついている

誠実な男性の中には、過去に辛い恋愛をして傷ついたことから、他人の心の痛みが理解できるようになった人もいます。たとえばよくあるのが、「前に付き合っていた女性に浮気された」というパターン。
浮気をされた時の悲しさ・辛さ・怒りをよく覚えているからこそ、自分がその過ちを犯そうとは思いませんし、次に付き合う女性にはそのような辛い思いをさせたくないと考えています。
また、過去に浮気をされていることで、恋愛に対して臆病になる人もいます。そういう人は合コンや恋活イベントといった出会いの場に出てくることも少ないでしょう。身近にいる、気心の知れている女性以外は恋愛対象に選ばないようにしている人も。

誠実な男はそもそも女性との接点が少ない

普段から女性との接点が少ない環境にいる男性は、女性とのコミュニケーションの取り方に長けていない人が多いです。女性を手玉に取る術を知らない、遊び慣れていないと判断できるため、誠実度は高めと見てよいでしょう。
もしくはあえて女性と接点を持たないようにしているのも、誠実な男性によくある共通点です。仕事や趣味など、恋愛以外にやりたいことがあるため、恋愛につながりやすい女性との接点を自分から持たないようにしているのでしょう。
つまり、本当に誠実な男性は「女性との関わりをそこまで重要視していない」ということ。常に女性と関わっていないと気が済まない「遊び人タイプ」の男性は、積極的に女性との接点が増える環境に行こうとするので、その違いは一目瞭然です。

誠実な男はエスコートが下手で気が効かない

一見すると不器用で、デート中のエスコートが上手でない男性こそ誠実さを感じられるという意見もよく聞きますが、その見解はあながち間違いではありません。誠実な男性はデートに慣れていない人も多く、どういう行動・態度を示せば女性が喜んでくれるのかがわかっていない傾向にあります。

もし新しく出会った男性とデートする時に、相手のエスコートが下手で気が利かないと感じる場合でも、それは女性の扱いに慣れていないだけなので、かえって安心要素といえるでしょう。
反対に、エスコートが上手すぎる男性にはやや不安要素が残ります。一見誠実そうなエスコートをしてくれていたとしても、たくさんの女性とのデート経験を積んでいると予想できることから、「誠実ぶっているだけ」という可能性も考えられるからです。

誠実な男は愛情表現が苦手

誠実な男性の中には、LINEですらうまく愛情表現できないくらい不器用な人も少なくありません。「好き」「愛してる」といった言葉も軽々しく使わない、もしくはとてもじゃないけど恥ずかしくて言えないという人も。
なかには、頑張って愛情を伝えてくれる誠実な男性もいますが、あまり愛情を言葉にしすぎるとかえって重みが薄れることを彼らも理解しています。その為「愛の言葉」は記念日などとっておきのタイミングで使う様にするでしょう。
対して愛情表現やスキンシップが過剰な男性の場合、全員がそうとは言えませんが「誠実ぶる男」である可能性もまた否定できません。他の女性にも簡単にそういった行動ができてしまうタイプであるおそれがあります。

誠実な男はなにを考えているかわかりにくい

誠実さをアピールしない男性は、女性からしたらなにを考えているかわかりにくいものです。行動・言動から好意が読み取りづらいので、「この人、本当に私と仲良くなりたいのかな?」「本当に私のこと、好き?」と誤解されてしまうこともしばしば。
もし友達以上の関係になっていてもそういったドライな態度でいる男性なら、そのドライさこそが誠実さを感じられるポイントといえるでしょう。
ただし、本当に相手を恋愛対象として見ていないために対応がドライになっているパターンもあるので、ここは見極めが難しいところです。

誠実な男はできないことをできるといわない

誠実な男性の行動をよくチェックしてみるとわかりますが、基本的に自分の言葉や行動に責任を持つことができる人が多いです。できないことをできると言ったり、なんでも安請け合いをしたりといった無責任な行動とは無縁でしょう。
好きな女性のためなら多少の難題にも立ち向かう努力はしてくれると思いますが、それでも本人が「無理」と感じたことであれば、ちゃんと「できない」といえる真面目さも持っています。
反対に、頼み事を最初はノリノリで引き受けてくれるものの、途中で放棄したり「やっぱり無理」と簡単に投げ出したりするタイプは、誠実さに欠けるいい加減な男性と考えられます。

誠実な男はスマホをトイレや風呂場にもっていかない

時々いるのが、付き合っている女性と一緒にいる時に、スマホを肌身離さない男性。トイレや風呂場にまで持ち込むので、女性からしたら不安でたまらないと思います。
この手のタイプは自分が不在の時に「彼女にスマホを見られるのでは?」という不安から、デート中もスマホを離しません。なかには他の女性と連絡を取るために、スマホをトイレやお風呂に持ち込もうとします。
誠実な男性であれば、LINEや電話などの連絡もコソコソ隠れてすることはありません。それが女性に不安を抱かせる行為であることを、誠実な彼らは理解しているからです。仕事の用件など席を外す必要がある連絡の場合は、前もってきちんと伝えてくれるでしょう。

誠実な男は男友達や親友がいる

誠実な男性は同性からの信頼も厚く、男友達が多い、頼れる親友がいるなどの特徴も目立ちます。その友達や親友が遊び人タイプでない場合は、彼自身も誠実である可能性が高いでしょう。
「類は友を呼ぶ」とはよくいったもので、不誠実タイプの男性の周りには、やはり不誠実な人が集まりがち。もし気になる彼に、女遊びが習慣化してしまっている友人がいる場合は要注意です。少なからず彼も影響を受けているおそれがあります。
特に「親友」はその人のルーツのひとつにもなりえる重要な存在ですから、この親友がとても誠実なタイプであれば、そんな親友に認められている彼もまた、誠実な人格者であると予想できるでしょう。

誠実な男は相手を思いやることができる

誠実な男性の共通点として、「相手への共感力の高さ」「情の深さ」が備わっていることが挙げられるでしょう。誠実な男性なら行動にそれがにじみ出るもので、たとえ口数は少なくても、本当に困っている人を見つけたら男女問わず手を差し伸べる優しさを持っています。
恋愛関係になった女性に対しても、普段の言動はどうであれ行動で優しさを示し、女性の気持ちを尊重した上での行動を心掛けることができるタイプです。
反対に、口では優しさをアピールするものの行動が伴っていないタイプの男性は危険で、単にノリがいいだけのお調子者というパターンもあります。いざとなった時にすぐ逃げたり責任転嫁したりするタイプに多く、誠実度が高いとはいえないでしょう。

ここでは、誠実ぶる男のアピールの仕方や特徴などについて説明していきます。
本当に誠実な男性なら、わかりやすい誠実さアピールはあまりしてこないものですが、誠実ぶる男は聞いてもないのに自分のことを積極的に知らせようとするなど、基本的に自己主張が過剰な傾向です。

誠実ぶる男は聞いてもないのに予定を言ってくる

誠実ぶる男は、こっちから聞いてもないのに自分の話ばかりペラペラと話してくる傾向があります。付き合った後でも、やたらと「予定が入っている」アピールが多く、その予定がある日は彼女に干渉させない流れに持っていこうとします。
これは「浮気男」に多い手法で、浮気相手の女性と会う日を「重要な予定がある日」と偽って伝えておくことで、当日になり本命彼女の邪魔が入らないようにするという寸法です。
本当に誠実な男性であれば、次のデート予定を決める時に「この日は予定があるから会えない」と簡潔に済ませます。特にやましいことがないだけに、わざわざ説明的な伝え方はしないのでしょう。

誠実ぶる男は浮気しないアピールが激しい

誠実ぶる男は、自分からやたらと「俺は浮気しない」アピールをしてきます。女性の信頼感を高め、余計な詮索をされないように先行策をとっているつもりなのでしょう。「君一筋だよ」など甘い言葉を取り入れながら、「誠実な自分」をさりげなく演出しようとします。
本当に誠実な男性であれば、仮に疑われたとしてもやましいことがなにもないので、いつでも普段通りの自然な姿を見てもらおうとするでしょう。あまりにも「浮気しないアピール」をしなさすぎて、逆に女性が不安になり彼に質問してしまうことも。
不必要に多くを語らないのが誠実男性の特徴なので、そこを見極められるかどうかが女性の腕の見せ所です。

誠実ぶる男は聞いてもない将来像を語る

誠実ぶる男は自分の話を盛りがちで、おおげさに理想の将来像を語ることで、女性の関心を自分に向けようとするのが得意です。
この手の男性は、誠実さをアピールするためならとにかく自分をプロデュースすることを惜しみません。「何歳までには結婚して、子どもは2人ほしい」など、女性受けのよさそうな将来像を語り、「本当は真面目な俺」を演出しようとします。
不思議なことに、こういうアピールをする男性ほどなぜか浮気に走りやすいです。その場のノリに流されやすいタイプなのか、もともと計算高いタイプなのかはわかりませんが、おそらく元来が女性好きなのだろうと思われます。

誠実ぶる男は簡単に好きと言ってくる

誠実ぶる男は言葉による愛情表現が少し過剰な傾向にあります。口では「好き」「愛してる」と軽々しく言えてしまうタイプが多く、それで行動も伴っていればよいのですが、残念ながら「口だけ男」である可能性も少なくありません。
昔からある恋愛格言で「男の言葉ではなく、行動を信じろ」というものがありますが、まさにこれは真理を突いています。どれだけ口では甘い言葉をささやいてくれていたとしても、本当に信じるべきは彼の行動です。
本当に誠実な男性であれば、大切な女性の気持ちを常に尊重してくれるものですし、必要な時には助言をし、女性の間違いを軌道修正してくれる毅然さも持っています。表面上だけの付き合いしかできない「誠実ぶる男」にはできない行動でしょう。

一般的に、誠実な男性は恋愛的な意味で女性慣れしていない人が多いのが特徴です。恋愛経験やいままで付き合った女性の人数も少なめで、女性の扱いが不器用・上手でないといった面もあります。

ここでは、そんな誠実な男たちが出没しやすい場所や、本当に誠実な男性かを見極めて仲良くなるためのポイントなどについてみていきましょう。

男子校上がりの理系を捕まえる

理系の男性は基本的に地頭がよく、大切な女性の気持ちをないがしろにすることで、自分にどんなデメリットがあるかを正確に判断できます。そのため浮気に走る可能性も低めですし、そもそも彼らの中には恋愛に比重を置かないタイプも少なくありません。
さらに男子校上がりであれば恋愛経験も少なく、女性に対してあまり器用でない人も多いです。誠実な男性の条件にはしっかりあてはまっているといえますし、仕事に打ち込むタイプが多いので、マメに他の女性にアプローチをかけようとはしないでしょう。

男性だらけの職場の人を捕まえる

男性だらけの職場で働いている人は、比較的女性と出会う機会が少ないです。よってやっと出会えた恋人を大切にする傾向にありますし、浮気につながりそうな出会いがそもそも少ないという点も安心要素。
ただ、もし上司や同僚に遊び人タイプがいる場合、彼の恋愛スタイルに悪影響を与えられてしまうおそれがあるので、男性の職場仲間についてはよくリサーチしておく必要があります。

奥手で友達から信頼のある男性を捕まえる

誠実な男性は基本的に恋愛に対して奥手で、行動も決して積極的とはいえない傾向です。女性に対してガツガツしていないので、付き合っても他の女性に目がいくこともなく、本命女性だけを大切にします。
彼らのような奥手タイプを捕まえるなら、まずは友達から始めて信頼感から先に深めていくことがポイント。友達として十分関係を深めた後は、恋愛の話題を増やしたり、女性らしさをアピールしながら、恋人候補としての彼との距離を縮めていきましょう。

スリルやドキドキより安心や安定を優先する

いくら男性が誠実さをアピールしていても、その男性がスリルやドキドキ感を好むタイプであれば注意が必要です。危険なことをしたがる人は、浮気や不倫にも罪悪感を感じつつもハマってしまう傾向があります。
反対に、安心感・安定感を重視する平和主義者タイプは、トラブルにつながりそうなことを嫌う傾向です。危険感知力が高いので、恋愛トラブルの代表ともいえる浮気や不倫にはまず手を出そうと思いません。スリルによる高揚感よりも、代わり映えしない安定的な幸せを求めるタイプです。

女慣れしてない気が効かない男性を見つける

誠実な男性のデート中の行動を見ているとわかりますが、見るからに誠実そうな挙動は見せていません。スマートに女性をエスコートしたり、女性を楽しませる会話ができていなかったりと気が利かないことから、一見「デート下手」に見えます。

しかし、誠実さを過剰にアピールしてくる男性に比べれば、こういう不器用な面のある男性の方が安心です。女性経験が少なめで、遊んでいない印象を受けます。デート中は彼のエスコートの上手さよりも、「どれくらい不器用か」をチェックしてみましょう。

自分からやたらと誠実さをアピールしてくる男性は、もともと自己主張の強いタイプでもない限り、「誠実ぶっているだけの男」である可能性が高いでしょう。本当に誠実な男性であれば、それを自分から過剰にアピールしようと思わないものです。
そして、そんな誠実な男性が好む女性は、やはり同じように誠実な女性です。もし気になる異性が誠実なタイプだと確信できたらチャンス。あなたも誠実な気持ちで彼に向き合うことで、焦らないように少しずつ仲を深めていきましょう。(碧弥/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事