2019.12.06

「会いたくなる」男性心理とは?また会いたい女になる10の方法

恋をすれば、その相手といつも一緒にいたいと思うもの。好きな人に会いたいと思うのは恋愛におけるごく自然の心理です。

しかし、思うようにいかないのも恋愛の難しいところで、自分はこんなに会いたいと思っていても相手からのアクションがなければ不安になることもあるでしょう。
女性からすると、自分が会いたいと思う気持ちと同じように男性にもそう思ってもらいたいのが女性の心理です。

では、どうすれば好きな男性に会いたいと思ってもらえるのでしょうか。好きな人に追いかけてもらいたいのが女性としての本音ですよね。

そこで今回は、会いたくなる男性心理や、また会いたい女になる10の方法などについてご紹介します。ぜひ参考にして、好きな人に会いたいと思われるような女になってくださいね。

恋愛では、追いかけたり追いかけられたりといったシーソーゲームのような関係になる場合があります。
そこにはお互いの心理や、それに伴う行動が大きく関係していて、気付くと自分ばかりが「会いたい」と言っているといったケースもあることでしょう。

たまには男性から会いたいといって欲しい

好きな人に夢中になると、無性に会いたいという心理が生まれ一方的に会いたいという気持ちを押し付けてしまうことがあるのです。

そうすると、自分ばかりがいつも会いたいと言っていることに気付くことがあります。そこで、相手との気持ちの大きさの違いに不満や不安が生じ、たまには男性から会いたいと言って欲しいという気持ちになるのです。
男性にも会いたいと言ってもらえれば、愛されているという安心感が生まれ、心のバランスが保たれます。

男性が会いたくなる女になりたい

好きな人に会いたいと言ってもらうためには、当たり前ですが相手の男性を会いたいという心理にさせる必要があります。

そのためにも、男性が会いたくなる女になりたいと思うことでしょう。
しかし、やみくもに自分から会いたい気持ちを押し付けているだけでは、男性から会いたいと思わせる女にはなれません。男性が会いたくなる女になるためには、男性心理を利用した恋愛の駆け引きも大切になってくるのです。

男性を会いたい心理にさせる女性になることができれば、好きな人が会いたくなる女性になれるでしょう。そのためにも、男性が会いたいと思うときの心理について女性が理解しておかなくてはいけません。

では、どうすれば男性を会いたい心理にさせる女性になれるのでしょうか。そこで、男性が会いたくなる女性について、その心理をご紹介します。

自分からアクションしないとつれない女

女性から会いたいとアプローチされ続けている状態では、男性には安心感と余裕があります。自分からアクションを起こさなくても「この女はいつでもつれるから大丈夫」と思われ、心理的に優位に立っている状態になっているのです。

そのため、この状態では男性が会いたいという気持ちを伝える心理にはなりにくいといえます。男性に会いたいと思われるには、自分からアクションしないと手に入らない女だと思わせることが大切です。つまり、男性の安心感や余裕を失わせることで、自分から会いたいという心理にさせるということです。

会うと癒される女

男性が心理的に求める女性が、会うと癒される女です。多くの男性は自分を癒してくれる女性が好きな傾向にあります。

そのため、しつこく「会いたい」と言ってくる女性に煩わしさを感じた場合には、男性が会いたいと思う気持ちや心理を抱かない可能性もあるのです。
男性が求めてきたときに会ってあげたり、話を聞いてあげたりといった包容力を持つことで会いたいという心理が生まれます。

自分の気持ちを押し付けるのではく、男性を心地よくさせてあげる気遣いが大切だということです。

会うと自分が素になれる女

人によって会っていても落ち着かなかったり無理をしたりする相手もいます。しかし、会うと自分が素になれる女と一緒にいれば心地よさを感じるはずです。

そんな女性に、男性は会いたいと思うものです。
男性が無理をしなくてもいい、素の姿を受け入れる姿勢が会いたいという気持ちに繋がるということです。

ムラムラした時に応えてくれそうな女

注意したいのが、男性は恋愛感情だけではなく、性欲のはけ口として女性にコンタクトをとってくるケースもあることです。ムラムラした時に応えてくれそうな女だと思われている場合も、男性は会いたいという心理になります。

ただし、簡単に男性の要求に応えてしまえば、その後も体が目的で会う関係になってしまう可能性もありますので気をつけましょう。

自分を受け入れてくれそうな女

男性としては自分を受け入れてくれそうな女に会いたいという気持ちが生まれます。つまり、自分のことを愛してくれるという期待感を抱かせてくれる女性に対し、男性は会いたいという心理になるということです。

逆に期待感を抱くことができない女性に、男性は会いたいとは思いません。ただ会いたいという気持ちだけではなく、相手を受け入れるという姿勢が大切です。

仕事などで忙しい男性は女性と会う時間を作るのも大変です。空いた時間にはひとりでゆっくりと心身の疲れを癒したいことでしょう。

しかし、忙しいからこそ、また会いたくなる女性もいるのです。では、自分ひとりの時間が欲しいはずの男性が会いたくなる女になるにはどうすればいいのでしょうか。

そこで、忙しい男性でもまた会いたい女になる10の方法をご紹介します。

1.男性を労う言葉をかける

どんなに忙しくても、男性は自分を癒してくれる女性には会いたいと思います。忙しい男性を労う言葉をかけるのも癒しを与える方法のひとつです。
会えば労う言葉をかけてくれる女性には優しさや包容力を感じます。男性はそういう女性に、また会いたいと思うのです。
小さな気遣いができるかどうかが、忙しい男が会いたくなる女になることに繋がっています。

2.会うといつも笑顔でポジティブ

女性の笑顔やポジティブなところに男性は好感を抱きます。そのため、会うといつも笑顔でポジティブな女性にはまた会いたいと思うはずです。忙しくて疲れている時には尚更、女性の笑顔やポジティブさに元気をもらいたいと思うことでしょう。

いつもしかめっ面で愚痴ばかり言う女性に、忙しい男性がわざわざ会いたいと思うはずがありません。そんな女性に会っても益々疲れるだけです。

笑顔と前向きな姿勢で男性を癒し元気を与えてくれる女性に、男性は忙しい時でもまた会いたくなるのです。

3.相手の話を受け止める

忙しい男性はストレスを抱え、誰かに聞いてもらいたい不満や愚痴もあるものです。会った時に、相手の話を受け止める姿勢もまた会いたいと思われるためには大切です。

むしろ、普段忙しい男性は「自分の話を受け止めてくれる女性」を求めているといえます。そういう存在になってあげることで、男性にとって忙しい時でもまた会いたい女になれるのです。

女性にも話したいことがたくさんあると思いますが、自分の話ばかりするのではなく、じっと相手の話を受け止めてあげましょう。そのような女性が、忙しい男性でもふと会いたくなる人だということです。

4.相手の趣味にも付き合える

男性は、忙しい時の合間には趣味に没頭してリフレッシュもしたくなります。そんな、相手の趣味にも付き合える女性に忙しい男性もまた会いたいと感じます。自分と趣味を共有できる女性に男性は惹かれるからです。

一緒に同じことに向き合い共有することで、一体感も生まれ絆も深まっていくことでしょう。男性も、忙しくても自分の趣味に付き合ってくれる女性には無性に会いたい心理が湧いてきます。

5.相手を否定せず励ます

忙しい男性と会って話を聞いてあげたら、相手を否定せず励ます姿勢も、またこの女性に会いたいと思われるための秘訣です。忙しい時には、男性は弱音やネガティブなことも話したくなることでしょう。

そんな男性の姿を否定することなく励ましてあげることで、男性からも自分にとって必要な女性だと思われ、また無性に会いたいという心理にさせることができます。

相手を否定しないというのは意外と難しいもので、人の弱音やネガティブな発言にはつい「ああすればいい」「こうすればいい」などと意見したくなることもあります。そうではなく、相手の言っていることをまずは認めてあげることが大切なのです。

6.自分を押し付けず相手を受け入れる

疲れている男性がウンザリするのが、自分の気持ちばかりを押し付けてくる女性の態度です。たとえ会いたいという気持ちが大きくても、自分を押し付けず相手を受け入れるという気持ちを忘れないようにしましょう。

そういう姿勢こそが忙しい男性にでもまた会いたい女だと思われることに繋がるのです。そして、自分を押し付けず相手を受け入れる姿勢が男性を心地よくさせることになり、いつも一緒にいたいという気持ちにもなってもらえるはずです。

7.連れて歩きたいくらいかわいいか美人になる

精神的なことだけではなく、視覚的に好印象を持ってもらうことでも、忙しい男性にもまた会いたいと思われることが可能です。それは、連れて歩きたいくらいかわいいか美人になるということです。そのためにも、メイクやファッションなど外見的に自分を磨くことが大切です。
連れて歩きたいと思うほどかわいい女性や美人と会うことで、男性は優越感を感じるのです。そういった男性心理を揺さぶることで、忙しい男性でもまた会いたいと思わせることができるでしょう。

8.おいしいご飯を作ってあげる

会った時にはおいしいご飯を作ってあげるのも、忙しい男性にも会いたいともってもらう女になるためには効果的です。忙しくて疲れている男性だからこそ、食事も外食や弁当などが多くなり、家庭的な手料理に飢えている場合も多くなります。

そんな男性に会っておいしいご飯を作ってあげれば好感度も上がり、いくら忙しくてもまた会いたくてたまらなくなるのが男性心理です。

男性の心を捕まえるのは胃袋を満足させてあげるのが有効だということです。

9.怒ったりわがままを言わない

忙しいのにせっかく会ってくれたにもかかわらず、怒ったりわがままを言ったりしてしまっては、また会いたいと思われる可能性が格段に低くなってしまいます。よほど愛されているのであれば別ですが、はっきりいってウザいと思われてしまうこと間違いありません。そもそも愛されている女性であればなにもしなくても男性のほうからから会いたいというアクションがあるはずです。

特に、忙しくて疲れている男性には怒ったりわがままを言ったりせず、相手が一緒にいて心地よい気分になれる存在になってあげられるように心がけましょう。それが忙しい男が会いたくなる女なのです。

10.めんどくさくなさそうな女になる

普段から自己アピールばかりして、いろいろと干渉してくる女性はめんどくさいと思われる可能性が高くなります。積極的なのは大切ですが、あまりにもしつこいとめんどくさい女だと思われるので注意が必要しましょう。

紙一重ですが、相手を気遣って話を聞いてあげることと、しつこく立ち入ることは別なのです。めんどくさいと思われてしまっては、忙しい男性に「また会いたい」と思われることはありません。

LINEによるメッセージの送り方でも、男性が会いたいと思う心理を女性に抱かせることができます。好きな人とのLINEでは、つい会いたいという気持ちばかりが先走った内容のメッセージを送りがちになってしまうかもしれません。そんな気持ちを抑えて相手に会いたいと思ってもらえるようなLINEでの連絡を心がけましょう。

では、どのようなLINEのやりとりで、男性を会いたくなる心理にさせることができるのでしょうか。

そこで、男性が会いたくなるLINEテクについてご紹介します。

相手を思いやり、短文で送る

LINEやメールでは要点を絞って短文でメッセージを送るというのが相手を思いやる意味でも鉄則です。好きな人に送るLINEは、いろいろな思いを詰め込み過ぎて長文になるケースもあります。しかしそれでは相手はなにが伝えたいのかわかりずらくなってしまいます。

そうすると相手は返信するのはもちろん、会いたいという気持ちにもなりません。そのため、LINEでは相手を思いやり、短文で送るように心がけましょう。

相手のペースに合わせたテンポにする

好きな人と少しでも繋がっていたいからといって、相手の都合も考えず頻繁にLINEを送ったりメッセージを連発して送ったりするようなこともNGです。好きな人にLINEを送りたいという気持ちを抑え、相手のペースに合わせたテンポでのやりとりをすることが大切です。

相手のペースやテンポを考えずにLINEを送り続けるのは迷惑となる可能性もあり、会いたいと思われるどころか、嫌われて返信さえしてもらえなくなってしまうことにもなります。

具体的で答えやすいLINEを送る

相手とのやりとりをスムーズに行うには、具体的で答えやすいLINEを送ることが大切です。具体的でわかりやすいLINEを送ることで、相手は答えやすくなるのはもちろん、やりとりでの会話も盛り上がり会う約束にも繋がりやすくなるでしょう。

その場合のポイントとして、具体的なお店やスポットを話題に出して「行ってみたい」などの会話に持ち込むのが効果的です。そうすることで、相手も「じゃあ一緒に行こうよ」と気軽に誘うことができます。

短く具体的に送ることで、誘っても大丈夫なんだという心理になるからです。長文で具体性がないLINEの場合、いくらお店などの話題を盛り込んでも、相手はどうして欲しいのかがわからなくなってしまうのです。

相手を褒める&労う

男性に会いたいという気持ちにさせるのに、LINEなどの連絡の際のやりとりで相手を褒める&労うというテクニックがあります。

そうすると男性もその女性に対し心を許し、自分のことをわかってくれる人だという気持ちになり親近感を覚えます。そのため、その女性に会いたくてたまらない気持ちになり、直接会って癒して欲しくなるのが男性心理なのです。

ポイントは、自分の気持ちばかりを込めたLINEを送るのではなく、相手の話を引き出して、それに対して褒めたり労ったりして、会いたいという気持ちになってくれるのを待ってあげるということです。

なかには元カレのことが忘れられなくて、「また会いたい」あるいは「やり直したい」と思っている女性もいることでしょう。別れたとしても友達としての関係が築けている場合もありますが、連絡も取らなくなってしまったという人も多いはずです。

しかし、元カレにすでに新しい彼女や好きな人がいれば別ですが、フリーの場合には元カノに会いたいという心理になっている可能性もあります。別れた当初はもう会わないと思っていたかもしれませんが、時が経てば高い確率で女性を求めるようになるからです。

では、どういうときに男性は元カノに会いたくなる心理になるのでしょうか。そこで、男性が元カノに会いたくなる心理にいついてご紹介します。

一度受け入れてもらった心地よさを求めている

元カノというのは、男性にとって一度自分を受け入れてくれた女性ということになります。恋愛が成就した幸福感を味わうことができた相手でもあるのです。そのため、一度受け入れてもらった心地よさを求めている場合に、元カノに会いたくなる心理になります。

その心理を探るためには、別れてからある程度の時間を置いてから「久しぶり、元気?」のような連絡をとってみましょう。それから、すぐに元カレからなんらかの返信が来たら元カノに会いたくなっている可能性も高いといえます。

ワンチャンあるんじゃないか期待している

元カノと別れてからしばらく時間が経っても彼女がいない場合、男性は元カノを思い出してワンチャンあるんじゃないかと期待している場合もあります。元カノというのは一度は恋をした女性であり、基本的には好みの女性であることは間違いありません。

別れるときにはいろいろなことがあって一緒にいたくない気持ちになったとしても、時が経てば嫌なことがあった感情は薄れます。そうすると再び元カノへの期待も高まってくる可能性も高いのです。ある程度の時間が経てば元カノに期待を抱いているケースは充分に考えられます。

今回は女性に会いたくなる男性心理や、また会いたい女になる10の方法などについてご紹介してきました。

男性に会いたいと思わせたいなら、駆け引きと思いやりが必要となります。男性が会いたいという心理になる駆け引きと思いやりで、好きな人が会いたいと思う女性になりましょう。

男性が会いたいと思う女性になって、好きな人とふたりで素敵な時間を過ごしてくださいね。(探偵N/ライター)

(ハウコレ編集部)


関連記事