2020.02.17

デート中に彼のハートをつかむ「ほどよく、さりげなくかわいい」の秘訣

どうもあかりです。

この記事では、「ほどよく、さりげなくかわいい」の秘訣について扱います。

そもそもどうして「ほどよく、さりげなくかわいい」が彼のハートをつかむ秘訣になるのかをご説明した後で、実際に「ほどよく、さりげなくかわいい」の実践例について具体的にお話していきます。

さっそく見ていきましょう。
なぜ「ほどよく、さりげなくかわいい」が男性のハートをつかむ秘訣なのでしょうか。

ズバリ、こういったタイプのかわいさには、男性をいい意味で「油断」させる効果があるように思うのです。

「キザな男性」はお好き?

いきなりですが、あなたは「キザな男性」はお好きでしょうか?
「キザ」というのは分かりやすく言えば、「かっこつけ」な感じの男性のことです。

大声で告白やプロポーズをしてみたり、「俺がお前のこと一生守るから」みたいな、ちょっと言われる方が恥ずかしくなってしまうようなセリフを真顔で言えたりとか、「なあ、どうだ?いまの俺、最高にかっこいいだろ?」と言わんばかりの言動を平気でとることができる男性のことです。

そして、全員が全員そうではないと思うのですが、おそらく「そういうのはちょっと苦手かも……」というのが多数派の女性の意見なのではないでしょうか。

ここに、「ほどよく、さりげなくかわいい」が男性のハートをつかむ秘訣となる理由が隠されています。

「狙いすぎ」は相手を身構えさせてしまう

例として適切かどうか分かりませんが、彼氏から100万円もするような高級なブランド品をもらうことに対しては「いや、そこまではさすがに……」と抵抗を感じる人が多いはずです。

「え?だってタダでもらえるなら、高いものであればあるほどお得だし、嬉しくない?」という考えは成り立ちませんよね。1万円そこそこくらいが一番嬉しかったりします。

私たちが、「キザな男」に対しては「かっこいいアピールだぁ……」とつい身構えてしまうのはこれと同じ現象です。

恋愛においては、愛情表現も、かわいい/かっこいいアピールも、「ほどほどで、さりげなく」が一番ちょうどよいのです。やりすぎると、相手を必ず身構えさせてしまうんです。

「ほどよく、さりげなく」で彼のハートを無防備に

実際、私たち女性だって、男性のさりげない優しさやかっこよさにこそ、胸がキュンとなるはずです。

「ほどよく、さりげなく」は、相手を身構えさせず、無防備な状態でいさせることができます。だから、ほどよくてさりげないかっこよさは私たちのハートにグサリと「刺さる」。

同じように、「ほどよく、さりげなくかわいい」は、狙いすぎている感じがないので、彼に「かわいこぶってる」とか「あざとい」とか思われることなく、身構えさせることなく、シンプルに「ちょっと今の仕草めっちゃかわいいんだけど……」と感じてもらえます。

また、おまけとして、「ほどよく、さりげなく」は、やる側のハードルも低いということもポイントです。簡単にできるくせに、とても効果的。まさに「ほどよく、さりげなくかわいい」は一石二鳥のモテテクなのです。
では前置きはこの辺にして、ここからは「ほどよく、さりげなくかわいい」の例をビシバシと見ていこうと思います。

一つひとつについての細かい説明はいらないと思いますので、みなさんが「これいいな、やってみたい!」と思えるものが一つでも多くあるよう、「数」を重視してたくさんご紹介していきます!

待ち合わせでニコニコ

何事もはじめが肝心です。

デートも、やっぱり待ち合わせで彼に好印象を与えて「かわいい」と思ってもらうことは超重要。

最初からテンションを上げてもらえば、彼はその日のデートで頑張ってくれるようになりますので、あなたにとってもラッキーですね。

そして、待ち合わせで彼のテンションを爆上げし、「かわいいなぁ」と思ってもらうための秘訣は、待ち合わせでとびっきりの笑顔を見せることだと思います。
シンプルですが、これが一番効くのです。

何せ男性は、「早くあの子の顔が見たいな~」という気持ちでその日までデートを楽しみにし、当日待ち合わせ場所までやって来ているのです。私たち女性は誰もが「笑顔が一番かわいい」わけですから、しょっぱなから笑顔でお出迎えしてあげれば、彼のテンションが上がることは間違いありません。

しかも、ただ彼に会えて嬉しくて笑っているだけなので「ほどよく、さりげない」し、やる側としても簡単ですよね。

会って直後に髪型をめっちゃ気にしてる

待ち合わせをした直後に、髪型を気にしたり、服装について「これ、変じゃない?」と彼に聞いてみたりするのは、男性側からすると「かわいいなぁ」と思ってしまう言動です。

異性の前で自分の外見を気にしてしまう、というのは言うまでもなく「その異性が好き」な証拠ですから、そういった彼女の言動から自分に対する好意を感じ取れるところが嬉しいのでしょうね。

「あ~、めっちゃお腹すいたー!」

最後にもうひとつだけ待ち合わせ時の「ほどよく、さりげなくかわいい」言動をご紹介しますね。

本当にさりげないのですが、待ち合わせをしたときに「あ~、めっちゃお腹すいたー!」と言ってあげると男性は割とテンションが上がったりするようです。

曰く「自分とのデートを楽しみにして、お昼ご飯とかちょっと我慢してお腹ぺこぺこにしてきた感じがかわいいし、嬉しい」とのこと。まるで「今日の夜は外食だよ」と言われたときの子供のような無邪気さがツボなのかもしれません。

繋いだ手を「にぎにぎ」「ぶんぶん」する

彼と一緒に手を繋いで歩くとき、ただ黙って手を繋がれているだけじゃ少し面白くありませんので、彼の手を「にぎにぎ」と握ってあげたり、「ぶんぶん」と手を振ったりしてみましょう。

「これをやったからどうなるの?」と思うかもしれませんが、こうやって「あなたとのデートが楽しくて仕方ありません!」というメッセージを、言葉ではなく行動を通じて伝えてあげられるところがよいポイントだなと思います。

写真を撮るとき、見えないのに手を繋ぐ

これも本当にものすご~くさりげないですが、ふたりで一緒に写真を撮るときがあったら、ぜひ、「見えないのに」彼の手を握ってあげてください。

写真に映るフレームの中でキスをしたりするのもいいのですが、「見えない(映らない)」にもかかわらず、そうやって手を繋いで写真を撮ろうとしてしまうところに、彼に対する「大好き」の気持ちが溢れていて、とってもかわいいのです。

スマホを見てると思ったら彼の写真を撮ろうとしてる

デート中に彼女がスマホを見ていると、男性はテンションが下がります。
ですがこれを活かして、彼をめっちゃくちゃ喜ばせるテクニックがあるんです。

それが「スマホを見てると思ったら彼の写真を撮ろうとしてる」パターン。

自分の目の前で彼女がスマホを見てると思ったら、よく見てみると、スマホのレンズが自分の方を向いていて、スマホの背後でなんだか彼女がにやにやしている気がする……。と思ったら、「パシャっ」て音が聞こえてくる。

「彼女がスマホを見ちゃってると思ったら、実は俺の写真を撮ろうとしてた」というのは男性にとって嬉しいサプライズ。「下げてから上げる」やつですね。

「デート中に彼氏の写真をこっそり撮って、後で見て楽しもうと思っている」彼女の感じも、単純にかわいいです。

「どれもおいしそう~!」「おいしー!」と感動

彼がそのレストランでごちそうしてくれるかどうかはさておき、少なくとも彼が主体的に選んでくれたお店である限りは、彼は必ず「彼女はここ、気に入ってくれるかな……」という気持ちを持っているはずです。

なので、「全部おいしそうで選べないよ~!」「めっちゃおいしー!」といった感じで、そのお店に感動をしてあげると彼はとっても嬉しい気持ちになります。

また、シンプルに、ご飯を食べてめっちゃ幸せそうな顔になってる女性って最強にかわいいですので、そういう意味でも効果的ですね。

「あーん」ってやる

レストランでは、「あーん」ってやってください。絶対に。

彼が何かを食べているときに、自分から「あーん」と食べさせてもらって、お返しに「あーん」を彼にもしてあげましょう。

テッパンだし古典的ですが、なんだかんだそういうのが一番ウケたりするんですよね。男性的にも「彼女と『あーん』をする」ってなんだかんだすごく楽しかったりする。

そういう、「ラブラブっぽいこと」を自分から提案して、デートを盛り上げようとしてくれる彼女って、男性からすればとても高評価です。

「ごちそうさまでした」とペコリ

もしもレストランで、彼にごちそうをしてもらえたり、全額おごりじゃなくても多めに払ってもらえたというときには、必ず「ごちそうさまでした」的なことを伝えると思うんです。お店を出たときとかにね。

そのときに、ペコリとお辞儀をしてみてください。単純にシルエットとしてかわいいので、男性からも好評です。

もちろん、「ごちそうさま」に限らず、「ありがとう」と伝える場面や、あるいは「ごめんね」と伝える場面ですら、あなたに「ほどよく、さりげなくかわいい」をトッピングしてくれるスパイスになりますので、「ペコリ」はぜひ覚えておいてほしいです。

「帰りたくなかったかも」とバイバイした後にLINE

さて、残念ながら今日のデートも終了ですが、「ほどよく、さりげなくかわいい」を最後に放り込んでおきましょう。

デートの終わり際の「かわいい」には、いろいろなパターンがあると思うのですが、「ほどよく、さりげなく」を意識するのなら、バイバイをした後に「帰りたくなかったかも」「もうちょっと一緒にいたかったな~」とLINEをしてあげるのがいいと思います。

バイバイの瞬間に「帰りたくない」みたいに言うのも悪くはないのですが、なんかちょっと「自分に酔いすぎ」感が出てしまうかもしれませんし、彼も普通に疲れて「よっしゃー家帰って寝よー」と思ってるかもしれず、彼を困らせてしまうことにもなりかねません。

なので、「時すでに遅し」となった段階で「本当は帰るのさみしかった」と伝えてあげるくらいがちょうどいいのかなと。直接言うよりも、心理的なハードルが低いですしね。

きっと彼は、帰りの電車の中でニヤニヤしてくれているはずです。

さて、今回はこの辺で。

この記事でご紹介した「ほどよく、さりげなくかわいい」を活用して、デート中、彼に「この子、なんかいちいちいろんな仕草や言動がかわいいな……」と思われるのが目標ですね。
一緒に頑張りましょう!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事