2020.03.19

彼氏に一目置かれてリスペクトされる彼女になるための「先回り」交際術

どうもあかりです。
外見的や性格的な「かわいさ」というのももちろん愛されるためには重要ですが、それだけでは十分な差別化にはなりません。

彼氏に「この子、すごいな」「彼女、めっちゃ頼れる」「こういう子、なかなかいないよね」と思ってもらい、リスペクトされる存在になるためには、「先回り」して行動できる能力が大切です。

「先回り」と言っても抽象的でよくわからないと思いますので、さっそくご紹介していきたいと思います。

まず「先回り」を目指してほしいのが「彼氏の不安」です。
ここでいう「先回り」とは、「彼氏が不安を口にする前に、彼氏の不安を解消できるように行動する」ということ。

心配性だったり、やきもちを妬きやすい彼氏である場合はもちろん、そうじゃない彼氏であっても、交際中のいろんな場面で彼女に対して「不安」を覚えるわけですが、そんなタイミングで、彼氏に「不安だから〇〇してよ」と言われてから行動をするか、彼氏にそう言われる前に自ら先回り的に行動するかでは、彼氏からの評価、信頼のレベルが大きく変わってきます。

恋愛でも仕事でも友人関係でも、「〇〇をしてほしい」ということを伝える前に先回りで行動してくれる人というのは、とても貴重でありがたいですので、一目置かれるし、すっごくリスペクトされるんですよね。

具体的な実践編をいくつか見てみましょう。

男性のいる飲み会編

彼氏が彼女に対して不安を覚える第一のポイントは、男性のいる飲み会でしょう。
職場やサークルなどの飲み会には、当然女性だけでなく男性もいるわけですが、そういった「同じコミュニティ内にいる男性」というのは、往々にして、彼氏が勝手にライバル視をしてしまいがちな存在です。

「彼女のことを好きなヤツがいるのでは」「彼女とめっちゃ仲が良いヤツがいるのでは」
みたいな邪推してしまうんですよね。これはきっと、彼女としても、彼氏に対して同じようなことを感じたりすることがあるはずなので、気持ちはわかります。

こういうときに、彼氏から「終電逃さないようにね!」とか「帰ったら連絡してね」とか言われたりすることがあると思うのですが、そういうことを「言われてしまってる」時点で、実は「先回り」には失敗しています。

「今日は職場の飲み会なんだよ~」と彼氏に伝えたときに、自分の方から「〇時までには帰るよ」「帰ったら連絡するよ」と一緒に伝えてあげるのがコツです。

付き合っていれば、自分が飲み会に行くとき、彼氏がどんなことを不安に感じて、その不安をどんな形で伝えてくるか、ということは彼女として簡単に予測が立てられるはず。

そしてその予測に基づいて、先回り的に行動してあげましょう。
そうすれば彼氏はあなたのことを「この子は大丈夫な子」と信頼してくれるようになりますし、その証に、「早く帰ってきてね」とか「帰ったら連絡してね」とか言われることが次第に少なくなっていくはずです。

男性や元カレとのLINE編

彼女が自分以外の異性とLINEをしているときにも、やっぱり彼氏は不安を覚えるものです。

それが彼氏にとってよく知らない男性であれば、「そいつ誰?」、「どういう関係?」などいろいろな不安が生まれるでしょうし、彼氏も知っている男性であっても、ふたりがやりとりしている様子があまりに親密そうだったり、いつもその男性とのトークルームが上の方にあったりすれば、「もしやただの友達ってわけじゃなく……?」という気持ちになるでしょう。

彼氏との関係においては、「たかがLINE」と思うのは少し危険です。
たしかにLINEはただのおしゃべりですが、「LINEでだけ仲がよい人」というのは実はあまりいません。

たいていは、「リアルでも仲がよいから、LINEでも仲がよい」という構図になるはずです。

だから、いまどき「男とLINEをするな」とあまりにも厳しすぎることを言ってくる彼氏は少ないかもしれませんが、口では言わなくても、「彼女がLINEしてる男」に対して警戒心や不安を感じていることが普通なんだということはぜひ覚えておいてください。

そこで、もしもデート中に自分が彼氏以外の男性とLINEしてるところを見られたら、即「誤解しないように言っておくけど、この人は〇〇の人で、だけどふたりでデートしたりはないから」的な念押しを自らしてあげましょう。

もちろん「慌てた感じ」が出ると逆に怪しいので「あなたを不安にさせないため」に言ってますよ、というニュアンスを出すのは忘れずに。

「彼氏の不安」に先回りのコツは……

勘のよい方はお気づきかもしれませんが、「彼氏の不安」に先回りのコツは、
彼氏に不安を口にさせる前に、自分から「〇〇するよ」と約束をしてしまうこと
、その約束を必ず守ることです。

覚えておいてほしいのは、仮に彼氏に「〇〇をして」と言われて、そのとおりに「〇〇」をしても、彼氏の不安はとくに解消されず、特別信頼もされないということです。それはただ「彼氏の言うとおりにしただけ」ですからね。

そうじゃなくて、自分から約束を作って、それを自ら守ることで、「この子は俺がわざわざ不安を伝えなくてもちゃんとやってくれる子」と認識してもらえるんです。

これは、彼氏からの信頼獲得のための"王道"ですので、ぜひ覚えておいてください。

恋愛になると、女性は「受け身」に陥りがちです。
彼氏から何かをしてもらう、気にかけてもらう、ということがメインで、自分から何かを彼にしてあげることができる女性というのは実は少数。

彼氏に「〇〇してもらっていい?」とかお願いをされる前に、自分から動いて「気遣い」をしてあげられる彼女になると「彼女は俺のことをよくわかってるな」「イイ女だな」という評価にも繋がるので、すごく頑張りどころです。

「気遣い」をできる場面は無限にあるわけですが、ここでは、すぐに実践ができて、しかも彼氏ウケがよい「気遣い」を2つ紹介しますので、ぜひ入門編としてご活用くださればと思います。

「一杯のお水」だけでイイ女は演出できる

すぐにできて、しかもものすごく効果的な最高のコスパを誇る「気遣い」のひとつに、「一杯のお水」というものがあります。

これはなかなか馬鹿にできません。

たとえば彼氏とお泊りデートをしたとしましょう。
彼氏のお風呂上りのタイミングを見計らって、一杯のお水を脱衣所に黙って置いておいてあげる。どうでしょう?なんかすごく、「イイ女」っぽくありませんか?少なくとも男性から見て、そう映ります。

ここで「パジャマ」とか「タオル」という選択肢もあるのだけれども、それだと若干「お母さん」ぽいのです。あまりセクシーじゃない。「一杯のお水」というところに、絶妙なセクシーさがにじみ出るのです。

また、エッチをした後でもこれは有効。終わった後に、トイレか洗面所にでも行くフリをして、コップ一杯のお水を持ってきて彼に「はい、どうぞ」と渡してあげる。彼の頑張りをねぎらう意味もあるし、そもそもエッチの後男性はヘトヘトで喉も乾いています。気の利き方が超絶妙。

男性のツボを押さえるための一番手っ取り早い方法かなと思います。

自宅の冷蔵庫に彼の好物を

彼がお家にいつ遊びに来てもいいように、彼が好きな飲み物や食べ物を入れておく、というのもぜひやっていただきたい気遣いです。

彼氏が家に来てから一緒に買いに行ったり、彼氏に「〇〇買っておいてくれると嬉しい~」と言われてから買うのでももちろんいいのですが、「何も言われないでも買っておいてあげる」というところで差別化になりますし、「彼の好物をちゃんと押さえている」というのもポイント高いです。

こういう細かいことが普段からできると、彼氏的にも「この子と一緒に住んだら楽しそうだな」と思えるんですよね。

デートでも、「先回り」ができることはたくさんあります。

デートって、彼氏がいろいろとコーディネートしてくれますので、何もしなくてもそれなりに成り立ってしまうのですが、彼女からの先回り的なアプローチがあると、デートはもっと楽しくなるし、彼氏的にも「彼女がデートにコミットしてくれてる感」を感じられて嬉しいです。

「この子とデートするの、好き」と彼氏に思ってもらえるように、デートのときの「先回り」も手抜かりなく実践しておきたいものです。

行くところを事前に下調べ

彼氏に「ここ、予約しておいたよ~」的なことをデートの数日前に報告された瞬間、「ありがとう!」で済ませるのではなく、自分でもそのお店についてネットで調べて、そのお店のおいしい料理や食べたい料理について事前に下調べをしておいてあげるとよいでしょう。

男性って割とネットのレビューとかお店の雰囲気とか価格帯とか場所とか、ふわっとしたところでお店を選ぶことが多いですので、そういう細かいところまでは下調べをしていないことが実は多いです。

なので彼女がその役目を担ってあげると、彼氏的にもありがたいし、お店に着いて「ここってこれがおいしいらしいよ」「これ食べたいなって思ってたの!」みたいなことが言えるとすごく盛り上がるし、彼氏も「ちゃんと調べててくれたんだ」と嬉しい気持ちにもなります。

お店選びを頑張ってくれた彼氏のねぎらう意味でも、重要なワンアクションですので覚えておくように。

待ち合わせのリマインド

男性が意外に喜ぶのが、待ち合わせのリマインド。
デートの前日に「明日は〇〇に〇時集合だよー。たのしみ!」と簡単なリマインドをしてあげるだけで彼氏はかなり喜んでくれるはずです。

もちろん彼氏も、待ち合わせの時間場所を忘れてるなんてことはないので、このリマインドの真の目的は「リマインド」ではなく、「デートを楽しみにしてるってことを彼に伝えること」にあるわけです。

どうでしょう。でもたしかに、デートの相手からこうやってリマインドが来ると、「めっちゃ楽しみにしてくれてるじゃん。なんか嬉しいな」って気持ちになると思いませんか?
LINEを送るだけでできますので、必ずやってほしい先回りです。

お天気情報は意外に嬉しい

全然やってる人がいなくて「もっとみんなやればいいのに」と個人的に思っているのが、お天気情報を送ってあげることです。

デートの直前に「今日は寒くなるらしいよ」とか「今日の夜、雨らしいよ」と送ってあげるだけなのですが、男性は私たち女性が想像している以上に、その日の天気に無頓着です。

ただその日の天気を教えてあげているだけなのに、ちょっとした差別化になるのでコスパはかなりいいです。

すごくおすすめなのに、全然誰もやっていないことなので、「先回り」とは少しニュアンスが違うかもしれませんけど、せっかくなのでご紹介させていただきました。

ということで今回はこの辺で。女性がみんな、彼氏に言われるまでやらない、あるいはそもそもやらないことをやって、自分の価値を高めるのがこの「先回り」のテクです。

ちょっとした心がけで思った以上の反響があるはずですので、だまされたと思って試してみてもらえるといいかなと思います。ではまた!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事