2020.05.17

それって大丈夫?カレが限界を感じている「かまってアピール」

寂しくて、カレにかまってアピールをしたくなっちゃうときはあります。
かわいくやれば、カレも喜んでかまってくれるのは間違いありません。

けど、その肝心のやり方が間違っていたり、いきすぎていたりすると、仕方なくあなたのことをかまってあげつつも、カレは「こんなのずっと続けられたら、正直キツイな」と思っているかも…。それって、短期的には効果が出ても、長期的にはダメですよね。

そこで今回は、20代男子30人と一緒に、「かまってアピの失敗例」について考えてみましたよ。
「俺の元カノが、ちょっと忙しくてかまってあげられないと『今日は男友達とデートしてくるねー』的な、いちいち俺を不安にさせるようなことを言って気を引こうとしてきてたんだよね」(公務員/26歳)

これはダメな典型例ですね……。
他の男子を引き合いに出せば、そりゃカレの気も引けると思います。けど、それで得られるのは一時的なぬくもりだけ。カレはきっと裏では「この子、信頼できないなぁ」と思っていることでしょう。
「俺に束縛してほしいのかなんなのか、彼女がわざと俺に、男子とのLINEを見せてくるんだよね。わざわざ俺が画面を見てるときにLINE開いたりして。そういうの嫌だわ」(大学生/21歳)

これもよくないですね。LINEするのはもちろんいいけど、見せるのがダメ。ダメダメ。
カレといるときに男子とLINEするなら、なるべくカレが気にならないようなタイミングでしてあげるっていうのはデートの常識ですから、これでは完全に非常識彼女になっちゃいますね。
「モテますアピールも不要。そりゃモテる彼女っていうのは自慢だけど、モテることを俺に自慢しなくてもいい。彼女がモテるのってのは、俺が自分の男友達に自慢したいことであって、彼女に自慢してほしいことじゃないよ」(フリーター/29歳)

なかなかうまいことを言いますね(笑)。でも、おっしゃる通り。カレにモテることを自慢して、カレからの気持ちがなくなるのと、カレだけにモテて、カレに彼女自慢してもらうのとでどっちがいいかなんで、明白ですよね。
「態度が露骨に冷たくなる子も、ちょっと苦手かも。普通に、『さみしいよー。かまって』って言ってくれればいいのに、むしろ冷たく接して、こっちに察しろみたいにするのが、ね」(営業/25歳)

これは単純に、もったいないですよね。
せっかく会ってるのに、わざとカレに冷たくして、カレを不安な気持ちにさせて、そんなデートのどこが楽しいんでしょう?本当は、素直に甘えて、かわいいなって思ってもらって、ラブラブしたいんでしょ?
冒頭でも言いましたが、行き過ぎたかまってアピは、短期的な効果だけで、長期的な副作用が大きいです。一瞬の自分の安心か、ずっと続くあなたへの信頼か、どっちがほしいのかをよく考えて理性を働かせましょう!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事