2020.07.08

【恋愛相談】「彼氏に愛されてるか、確かめるコツは?」ほか2つ

どうもあかりです。
さて、ハウコレで不定期にお届けさせていただいている、恋愛相談記事です。

今回は、タイトルの「彼氏に愛されてるか、確かめるコツは?」とのご相談のほか、「彼氏は『たくさん女と付き合ったことがある』っぽく言いますが、正直疑わしいです。彼氏の恋愛経験を確かめる方法はありますか?」、「彼氏に『重い』って思われないようにするには、何をしたらいいでしょうか?」の3つのご相談にお答えしていきたいと思います。

では、早速参りましょう。

「たまに、彼氏に愛されてるか不安になってしまいます。どういうところを見れば、彼氏に愛されてるか確かめることができますか?」(不動産/26歳)

ご相談ありがとうございます。
「彼氏に愛されるかどうかを確かめるポイント」って、実はたくさんありますよ!

きっと、ご相談者さまのような不安を感じてしまう女性って、恋人からの「好き」を感じるのがとても苦手で、それこそ「好き」って言われない限り「好き」って感じることができないストレートな性格なんだろうと思います。

たしかに、『「好き」って気持ちは「好き」って伝えないと、伝わらないよ』とはよく言います。

しかし、現実問題、付き合ってからもそんな態度じゃ、あんまりにも窮屈でしょう。もう少し柔軟な解釈で、「好き」を(言われなくても)感じ取れるような女性になりたいものです。

ということで、「好き」と感じるのが少しでも得意になれるよう、「彼氏に愛されるかどうかを確かめるポイント」をいくつかご紹介してみましょう。

デートプランを事前に決めてくれる

デートは、「ノープラン」でも実行可能です。「アドリブ」という体でいくらでもぶっつけ本番ができるし、あるいは「これが一番好きだから」とかなんとか言って、「いつもおうちデート」(でエッチだけは欠かさない)みたいなのもできます。

にもかかわらず、わざわざデートプランを作ってくれるとしたら、それはあなたのことが好きな証拠だと考えていいと思わない?

「かっこ悪く」なってしまう

ムキになって怒る。かっこつける。意地悪なことを言う。
などなど、もしも彼氏があなたと付き合っている中で、「かっこ悪い」一面を見せてしまうことがあるとすれば、それは、彼が「あなたに必死」な証拠です。

「お見送り」してくれる

たとえば、駅でバイバイするときに彼女側の改札まで一緒についていってあげなかったからといって、「なんで私のことをきちんとお見送りしないんだよ!」なんて怒る女性はいないはずです。

結局、「お見送り」って本来は不要なんです。
わざわざするってことは、好きってことでは?と思っていいんじゃないかしら?

LINEを送ってくれる

そもそも、LINEを送ってくれるなんていう些細で日常的なものですら「好き」の証なんですよ。

彼女に「私にLINEしないとシバく」って言われているのであればともかく、そうじゃない限り、彼女にLINEを送るなんていうのは完全に「自発的」なはずです。
「自発的」ということは……あとは皆まで言わずとも、分かりますよね?

エッチでアレをしてくれる

残念ながら、「エッチをしてくれる」だけでは、「好き」とは言い切れません。
しかし、エッチで「アレ」をしてくれるなら、間違いなく、「好き」と思っていいでしょう。

「アレ」とは何か……あまり下ネタ下ネタしたくないのでぼかしますが……というのは嘘で、「アレ」=「キス」です。

手でするよりも、口でするよりも、何よりも、キスが好きのバロメーターなのです。

さて、勘のいい方ならここまで読んでこれらの共通点がお分かりでしょう。ちなみに勘がよくない方も私は見捨てませんのでご安心ください。

要するに、「彼氏に愛されるかどうかを確かめるポイント」とは「する必要がない、したくなければするはずのないのに、それをやってくれること」なのです。

せっかくなのでもう少し掘り下げて考えてみましょう。
「彼氏に愛されるかどうかを確かめるポイント」が分かって「ああそうですか。了解」で終わりにするのはもったいないです。

ご相談者さまもみなさんも、ぜひこの機会に、「彼氏に愛されるかどうかを確かめるポイント」で感じた彼氏の「好き」を、さらにブーストする方法を知ってください。

この方法は、逆の立場(自分が彼氏に「好き」を伝えた場面)を考えてみれば分かりやすいです。

自分が彼氏に「好きだからこそ」の行動をしたとき、彼氏からどんなことをしてもらえたら、「あ~、嬉しい。もっと好きになりそ~」となりますか?
きっと、「ありがとう」と面と向かって伝えることが一番でしょう。

とてもシンプルですが、これ以外にはないでしょう。
彼氏の「好き」を感じて「やったお~」と内心喜ぶだけじゃなくて、せっかく幸せな気持ちにしてもらえたのですから、ぜひ彼のためにもここまでやってあげてください。

「彼氏は『たくさん女と付き合ったことがある』っぽく言いますが、正直、彼氏の言動とかを見ていると、ちょっと嘘っぽいなと思います。彼氏の恋愛経験の多さを確かめる方法はありますか?」(通信/26歳)

「果たして、それを確かめていったいどうする?」という素朴な疑問を禁じ得ませんが……男性の恋愛経験の多さを確かめること自体は、すごく簡単だと思いますよ。

男性は「女性と付き合ってみて、初めて知ること」がすっごくたくさんあります。

なので、こういった事柄についてどれだけ知識があるかを確かめれば、おのずと彼氏の恋愛経験の量が見えてくるはずです。

たとえば「車道側を歩くと女性は喜ぶ」とか、ネットや周囲の人間伝いで簡単に得られるような知識ではダメです。

もっとリアルで、些細で、日常的なレベルの知識が問われます。
一例をご紹介しましょう。

便座を下ろす
彼女のおうちに遊びに行くと、男性は「トイレ使ったら、ちゃんと便座下ろしてね」とか「トイレするとき、できれば便座下ろしたまま使ってね」とか言われてます。

彼氏のお母さんがよくできた方であれば子供の頃にここまで伝授している可能性がありますが、基本的には「彼女と付き合ってから知ること」の典型です。

これができている彼氏であれば、一定の恋愛経験があるものと推測されます。

電車で座り方がきちんとしてる

「電車では、周囲の人のことを考えて大股開きで座ったり、脚を組んだりしない」
というのは、ほとんどの女性は知っているのに、なぜか多くの男性が知らないことです。

逆に、電車できちんとした座り方ができている男性は、かつての彼女に「脚組んじゃダメだよ」とか注意してもらった可能性が高いと思っていいでしょう。(まあ、自発的に気付くことができる聡明な男性もいるにはいますが。)

当たり前のようにゴムをしてくれる

これは意外かもしれませんが、分かる人には分かるはずです。
女性経験のない人ほど、「外出し」をしたがります。

ビデオや周囲の影響で、これが一番スマートな避妊だと思い込んでいるのでしょう。そんなわけないです。

ということで、当たり前のように、こちらがなんにも言わなくても、スムーズにゴムをつけてくれる男性は、一定の恋愛経験があると期待できます。

女性には「したくない日」があると知っている。
女性には、生理じゃないけど別にエッチをしたくなくて、それこそ「手だけ繋げれば幸せ」な日があるということは、きちんとした女性経験がないと分かりません。

なんせ、男性にはそういう日が基本的に一切ありませんからね。彼女から学ぶ必要があるのです。

「生理」って言わなくても、雰囲気で分かる

男性は、女性との交際に慣れてくると、ハッキリ言われなくてもなんとなく雰囲気で「生理の日」を感じ取ることができるようになります。

きっと、なんとなく周期を把握していたり、お風呂に入る時間の長さから推測したり、いろいろな要素を考慮しているのでしょう。

あとは、「生理のときの女性はマジで機嫌がコントロールできてない」というのを心底理解している、というのもそうですね。

こんな感じでいかがでしょうか?
これで一応それなりに正確なスクリーニングになると思います。

「彼氏に『重い』って思われたくありません。そうならないようにするために、私はどんなことをしたらいいでしょうか?」(フリーランス/23歳)

ご相談者さまが、本当に「重い」と言葉で直接言われたのかどうかは分かりません。
ただ、「彼氏が自分を『重い』と思っている節がある気がする」という前提でお答えしますね。

単刀直入に言います。「重い」と思われたくないのであれば、以下の行動を全てやめてみてください。

用事がないのにLINEを送りまくるのを止める

「会えない期間を楽しめない恋」は窮屈で息苦しいです。「重い」と思われる可能性が高いです。「(用事がなくても)LINEを送って」と彼氏に言ってしまうのも同様です。

「私のこと好き?」って聞きまくるのを止める

人は、「念押し的に確認される」ことを非常にウザいと感じる生き物です。
子供がお母さんに「宿題やりなさい」と言われると怒るのと基本的に同じです。
大人なら、恋人に自分のペース、方法で愛情表現をさせてあげましょう。

愚痴ばかりこぼすのをやめる

「彼氏=愚痴を聞いてくれる相手」と信じすぎていると、この罠にハマってしまいます。
たしかに一部そういう側面があることは否めませんが、彼氏にこの役割を任せすぎるのはいけません。

彼氏にこぼす愚痴は、「彼氏の前でだけ見せるか弱い私」の演出に必要最小限度で十分です。

将来の話ばかりするのをやめる

恋愛の楽しさは、基本的に「今」にあります。
今日のデート、今日のキス、今日のエッチが楽しくて、楽しみだから人は恋愛をするはずです。

「将来」は結局「今」が連続して積み重なった延長線上にあるものですので、「今」が楽しければ「将来」は後からついてくるはずなのです。

もちろん、ある程度は「将来」を視野に入れて「今」を生きる必要はありますが、それでも、そんなに頻繁に彼氏に将来の話を振る必要はありません。

これらを全部やめられたら(あるいは既にやっていなければ)、基本的に「重い」と思われる心配はないでしょう。

しかし、もしも「そんなのできない(やめられない)」と思うなら、きっとご相談者さまは、事実「重い」のだと思います。

その場合には、残念ながら、彼氏から「重い」と思われてしまうことを覚悟で付き合っていくしかありません。

ということで今日はこの辺で。では引き続き、みなさんからのご相談をお待ちしております!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事