2013.02.14

バレンタインチョコを用意し忘れたときに使える言い訳



バレンタイン当日だけど、まだ恋人にプレゼントを用意していないという人もいることでしょう。そこで今回は、バレンタインをうまく切り抜けるための言い訳を5つご紹介します。
忘れていたのではなく、一緒に選びたかったからということにしてみましょう。

後日、デートに行ったときに、いくつか候補をあげて「どれがいい?どれにしようか迷ってたの」というと、それらしくなります。
バレンタインにチョコをあげるのは定番なので、周りの女性と同じようにチョコあげるのは嫌だったということにしてみてください。

「きっと特別感をアピールしたかったんだな」と彼に都合のいい解釈をしてもらえます。後日、ディナーや旅行など、サプライズを用意しておけばOKです。
バレンタインにチョコをあげるという習慣は、製菓メーカーが作ったもの。そのため、チョコを贈ることにはロマンが感じられず、素直に楽しむ気になれないと伝えるのもアリです。「ふたりの間に愛さえあれば、チョコレートなんていらないでしょ」と添えてみてください。

また、バレンタインデーは、男同士で無意識に「数」を競うもの。もし彼が敗北者だった場合には、こう言って励ましてあげるのもいいかもしれませんね。
モテモテの彼には、「あなたはいろんな女の子からチョコをもらえるだろうから、渡す順番を最後にして、少しでも心に残るようにしたかったの」と伝えるといいでしょう。

本当はただ忘れていただけであっても、「一番最後」という言葉を添えることで、健気な女心を演出することができます。
出費が重なるため、イベントごとをお祝いするのは「面倒」という男性が多いのも事実。倹約家の彼には、「世の中はバレンタインを特別な日としてお祝いするけど、私たちは、誕生日とクリスマスだけをイベントにしない?」と提案してみるといいでしょう。

これで「ホワイトデーの出費を気にしてくれてるんだ」と都合のいい解釈をしてもらいます。
バレンタインは楽しいイベントですが、手作りチョコは時間も手間もかかるので、忙しい女子にとってはちょっぴり面倒なこともありますよね。

そんなときは「ただ忘れてた」「めんどくさかった」などと伝えるよりも、特別感を演出して、彼を喜ばせてあげると、周りの女子と同じことをするより一歩リードできるはずです。

(内野彩華/ハウコレ)

関連記事