2020.09.01

「今度飯でも行こう!」という男性心理

男性が突然「今度飯でも行こう!」と誘ってくるとドキッとしますよね。
しかも、相手がなぜ誘ってきたのか判らない場合、すごく悩んでしまいます。

「本気だから?」、「遊び?」と色々なことが頭を巡ります。
今回は「今度飯でも行こう!」という男性心理等の情報を見ていきます。
食事の誘いの真意は、お互いの関係に大きく依存します。
「学生で友人」、「会社の同期」、「会社の先輩後輩」、「会社の上司と部下」、また相手が既婚者か未婚であるかなど、それぞれに違う理由が存在します。
学生で友人、会社の同期など年齢や立場が近い相手の食事の誘いは、「本気であなたと付き合いたい」と考えていると言えます。
ムードの良い店や高い店であれば、その確率はかなり高いと言えます。

食事を共にすると言うことはお互いの距離を縮める行為です。
男性の方も、それを理解した上で誘っています。

近い立場になり、その日に告白するか、何度か食事を重ねた上で告白するかは男性次第ですが、この場合はかなり本気度が高いので、あなたがもし相手に全く気がないのであれば誘いに乗らない方が良いでしょう。

逆に自分自身も相手を悪からず思っていたり、好意を抱いているのであれば大きなチャンスになりますので、とびっきりオシャレをして誘いに乗ることがベストです。
食事に誘う男性には「下心」がある場合が多いと言えます。
これは関係性や立場はあまり関係してきません。
どんな男性でも、一晩限りの関係を望む傾向が強く存在しています。

こういうケースでは高い店は利用しないケースが多く、アルコールを飲む店を好んで使う場合が多いでしょう。
アルコールが入れば、女性の方も隙が出来てしまいます。
男性の「下心」がわかった時点で断ることがベストでしょう。
この場合、当然ですが相手が既婚者であることが条件になってきます。
そうすると「会社の上司と部下」、「先輩後輩」などの関係性がほとんどです。
このケースでは、女性がこれまであまり体験したことがないようなことをしてくれます。

お店も行ったことがないような高級店に連れていってくれるでしょう。
これほどのことをされると、女性もかなり気持ちが揺れるものです。
少し拍子抜けかも知れませんが、単純に「友人になりたい」、「親友になりたい」という気持ちで誘う場合もあります。
この場合は「学生の友人」、「会社の同期」が多いでしょう。
また、仕事を円滑に進めるために男性の先輩が誘ってくる場合もあるでしょう。

このケースでは、当然「下心」もなく、純粋に仲良くしたいという思いからのお誘いです。
そうなるとお店もそれほど高くない大衆的なところになる場合が多いでしょう。

今回は「今度飯でも行こう!」という男性心理等の情報を見てきました。
どんな感情にしても、男性が「今度飯でも行こう!」という言葉の裏には何らかの思惑があります。
とはいえ、下心ばかりであるとは言えませんので、自分に利する誘いならば応じるのも1つの手ですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事