2020.09.18

クラスメイトに告白するタイミングやアプローチ方法

高校や大学、専門学校などで一緒に学ぶクラスメイトを好きになり、どうやって告白したらいいのか悩んでいる方も多いことでしょう。

毎日同じ空間で過ごしているのですから、そこに恋愛感情が生まれるのは当然のことであり、実際に学生時代の恋愛からそのままゴールイン!なんてこともよくあることです。

でもクラスメイトへ告白するとなると、周囲を気にしたり、失敗した場合の今後の学生生活を考えると、なかなか告白できない方も多いはず。

そこで今回は、クラスメイトに告白するタイミングやアプローチ方法についてご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。
学生時代には文化祭や体育祭、修学旅行など様々なイベントがありますが、これらイベントの準備中に告白すると、成功率がUPします。

イベント前ということで気分が高鳴っていますし、一つのことに向かって準備をしている共同作業中のため、気持ちが一つになりやすいことも挙げられます。

最も効果的なのが、準備がほぼ終わり、イベントを翌日に控えた夕方頃です。達成感が最高潮を迎え、告白するベストタイミングとなります。

イベント前の告白で見事成功すれば、イベント本番も一緒に楽しむことができ、ふたりの関係がより一層グッと縮まること間違いありません。
その日の授業が終わり、静まり返った放課後の教室が、告白するのに絶好の場所です。ふたりきりになれれば、告白はほぼ成功したも同然です。

ドラマや映画などで放課後の教室を舞台に告白をするシーンが多いことから、学生にとってはロマンを感じる場所です。

告白する日の昼休みの時間に「ちょっと話したいことがあるから、放課後教室に残ってもらっていいかな?」とストレートに呼び出しましょう。

回りくどい言い方では駄目です。そこは勇気を持ってハッキリと伝えることが大切です。
あなたが大好きなクラスメイトと一緒に下校する機会があったら、「バイバイ」する直前に思い切って告白しちゃいましょう。

別れる間際に向けて徐々に口数を減らしていき、いざ別れる時には完全に無口状態にします。こうすることで、「何かあるな」とクラスメイトに思わせることができます。

そして別れる時に、クラスメイトの袖をそっと持ち「もうちょっとだけ一緒にいたい。付き合ってください」と目を見ながら告白しましょう。

近くの公園へ行って告白するのもいいでしょう。とにかく大切なのは、下校中に少しずつ口数を減らしていき、雰囲気を作ることです。
クラスメイトへ告白をする前に、まずはお互いの距離が縮まっていなければいけません。

ですので、実際に想いを伝える前には、とにかく近付いて好意をアピールするのです。例えば休み時間にクラスメイトの席へ行って話しをしたり、同じ係や委員会に入ることです。

この時、あくまでも自然に近付くことが大切です。あからさまにアピールするのではなく、常にあなたが近くにいるということを意識させましょう。
男女の出会うキッカケは数多くありますが、その中でも最も急接近しやすく、恋人関係に発展しやすいのがクラスメイトです。

社会人になると出会い自体が減ってしまいますし、出会えたとしても会える時間が減るので、距離を縮めていくのに時間がかかります。

今のその時を大切にしてください。上手にアプローチし、的確なタイミングで告白をすることで、きっとあなたの大好きなクラスメイトとお付き合いできるようになるはずです。
(ハウコレ編集部)

関連記事