2020.09.18

疲れたからこそ連絡を!好きな彼との距離感

仕事で疲れた、嫌なことがあったからこそ好きな彼と共有することで少しでも自分自身の負担を減らすことができます。特にメンタル面では辛いことがあれば直ぐに感情的になってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんな時に軽減できるのが「彼」の存在なのです。遠距離恋愛をしていたり、好きな人が遠くに住んでいるという人もいるでしょう。疲れが溜まるからこそ、連絡をしたいですが、連絡にも頻度があります。何度も連絡をすればかえって疲れになってしまうので、十分な距離感を保つようにしましょう。
好きだと思う気持ちで少しでも和らげることができます。恋をして癒すこともできるのです。基本的に疲れているときというのは全てがネガティブになってしまいがちです。仕事でのミスをずっと引きずってしまったり、嫌なことはなかなか忘れられないという人も多いでしょう。そういう時こそ彼の存在が大切になるのです。
辛いことがあれば直ぐに電話、でもいいですが相手の状況にもよりますよね。疲れた時だからこそ声を聞きたいと誰もが思います。LINEを通じて連絡をしたりしてみるといいでしょう。パソコンを持っているという人はボイスチャットツールを使ってもいいですよね。チャットなどもできるのでそういった環境下で連絡をしたりすることもできるでしょう。ですが一番は手短なLINEです。すぐに既読がつかずとも、今どういう状況なのかを説明して少しでも話を聞いてもらうことが大切になるでしょう。
適度な距離感と聞いてもどういう距離感だろうと思ったりする人も多いでしょう。距離感というのは「彼」と会うかどうかという距離感です。直ぐに会える距離であれば、連絡の頻度は少なくとも直接会って話ができる環境を作るといいですし、逆に遠距離であれば連絡の頻度は2日~3日に1かいという形でいいでしょう。ですが長い時間話すのではなく、短い時間を話すことをオススメします。なぜなら話題が多ければ多いほど盛り上がりはするものの、話すネタがどんどん無くなってしまうからです。そうならないためにも適度な距離感を保つように調整をしましょう。
好きな彼との距離感を維持するというのは実は難しいことです。連絡の頻度がどんどん多くなってしまっては逆に話題が無くなってしまってお互いが疲れる関係にも発展してしまいがちです。そうならないためにも適度な距離感というものを保って、お互いがラブラブでいれるように頑張りましょう!
(ハウコレ編集部)

関連記事