2020.09.21

告白された時の返事の仕方は?

男性から告白された場合、相手の気持ちもありどうやって返事をすればいいか迷う場合があります。

また、好きな人に告白された場合とそうではない人に告白して断る場合でも答え方には注意が必要です。

今回は男性から告白された場合の返事の仕方について、詳しく紹介していきます。
まずはじめにOKの返事を出す場合の返事について見ていきましょう。


・返事とは別に自分の気持ちも伝える

OKの返事を出す場合、告白してくれた男性の気持ちに答えてあげることが大切です。

「いいよ」「わかった」だけでも返事はできますが、あまり気持ちが伝わりません。

「私もずっと好きでした」「本当に嬉しい」などこちらの気持ちもしっかりと伝えるようにしましょう。


・両想いの場合は行動で返事をするのもあり

お互い仲が良く、両想いである場合は堅苦しい返事をしたりする必要はありません。

こちらの気持ちを伝えることは大切ですが、手を握ったり、抱きしめたりして返事をすることでより自分の気持ちを伝えることができます。
次に告白をことわる場合の返事について見ていきましょう。


・返事だけをしないようにする

告白OKの時と共通しているのが、相手の告白にちゃんと答えてあげるということです。

「ごめんなさい」「無理です」だけでは、告白してくれた男性が落ち込んでしまう可能性があります。

また、同じ職場やクラスメイトの場合はその後気まずくなってしまうこともあります。

「気持ちは嬉しいけど......」「告白してくれてありがとう......」と言ったように一言付け足すだけでも全然違います。

気まずくなりたくない場合は『友達としていたい』と断ることでその後も普通に接しやすくなります。


・2回目以降の告白はきっぱりと断る

そっけない返事はしないようにすると上記で伝えましたが、何度も告白されている場合は逆です。

相手に気を使って優しく返事をすると、相手が諦められない可能性があります。

元カレなどの場合もきっぱりと断った方がいいでしょう。

諦めてくれなさそうな人の場合は、『既に彼氏がいる』など嘘をついた方が相手のためになる場合もあります。
いきなり告白されて、付き合うかどうか迷ってしまった場合の返事の仕方を見ていきましょう。


・正直に今の気持ちを伝える

迷っている場合はその場で返事ができません。

返事を延ばしたいからと変な嘘をついてしまうと、時間が経てば経つほど苦しくなってしまう恐れがあります。

「あなたのことを良く知らないから」などその時の気持ちをきちんと伝えましょう。


・周りに相談する場合は注意が必要

返事の仕方とは別になりますが、迷っている場合ほとんどの人が周りの友人に相談します。

このような場合、絶対に周りへ言わないように言っておくことが大切です。

周りに知られてしまうと返事がしにくくなるだけではなく、断った場合は周りに言いふらしたと相手が怒ってしまうケースもあります。

(ハウコレ編集部)

関連記事