2020.09.22

日常が彼氏ばかりにならないようにするための方法

彼氏のことが大好き過ぎて、いつでも彼氏のことばかり考えてしまうという人はいませんか?


彼氏を大好きなことは良いことですが、それで仕事に集中できなかったり、勉強をする気がなくなったりすれば、私生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。


しかし「考えないように」と思っていても、どうしても彼氏のことが頭から離れないものです。


ではいったいどうすれば、日常が彼氏ばかりにならないようにすることができるのでしょうか。


彼氏のことを考えてしまうときは多くの場合、1人でいるときです。1人でいると寂しさを感じてしまうため、どうしても彼氏のことが頭をよぎってしまいます。

しかし何か別のことをしていたり、夢中になっていたりすれば、すぐに時間が過ぎていくため、彼氏のことを考えないで済みます。そこでおすすめなのが、1人でできる趣味を見つけるという方法です。

読書や漫画、ゲームなど、1人の時間に夢中になれる趣味があれば、自然と彼氏のことを考える時間も減ります。

インドアの趣味が無理な場合は、スポーツやカフェ巡りなどでも良いため、とにかく何か趣味を見つけてみましょう。
1人にならないようにするというのも、彼氏のことばかり考えてしまう人の対処法としておすすめです。

1人になるとどうしても彼氏のことを考えてしまうため、彼氏と会えない休日はできるだけ友人などと遊ぶようにしましょう。

誰かと一緒にいれば目の前にいる人と会話をすることだけで夢中になるため、自然と彼氏のことを考えないようになります。また、寂しさも紛れるため、1人になったときも彼氏のことを夢想しなくなるのです。

なかなか会える友人が見つからない場合は、電話をするだけでも良いでしょう。SNSなどで知り合った人と話をするのもOKですので、様々な方法を使って、とにかく孤独な時間を作らないようにしましょう。
「彼氏のことを考えてはいけない」と思えば思うほど、不思議なもので彼氏で頭がいっぱいになってしまうものです。人間はやってはいけないと思うほど、やってしまいたくなる生き物ですので、ある意味では仕方のないことでしょう。

そのようなときは、思い切って彼氏のことを考え続けるというのも1つの手段となります。しかしただ考えるのではなく、彼氏を喜ばせるための行動を取ってみるのです。

彼氏に食べてもらうために新しい料理の練習をしたり、かわいいと言ってもらうためにメイクの勉強をしたりしてみましょう。

このようにして彼氏のために行動すれば、彼氏への愛情も満たすことができますし、時間も潰すことができます。

いつもは「今すぐにでも彼氏と会いたい」と思っていたものが、「これができるようになるまでもっと時間が欲しい」と思えるようになるため、彼氏に会いたくて何度も連絡してしまうというような束縛行為も防ぐことができるようになります。

そのため、どうしても彼氏のことを考えてしまうという人は、この方法を試してみてください。
彼氏のことが大好きなのは良いことですが、それによりデメリットを生んでしまえば、本当の幸福とは言えません。

彼氏にべったり頼るのではなく、精神的にしっかり自立することが、素敵な人生を歩む上で大切なこととなります。

彼氏もしっかり自立しているあなたを見て、さらに好きになってくれるはずですので、まずは彼氏に精神的な安定を全て頼ってしまう性格を変えていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事