2020.09.23

男性が嫌がる女性の口癖!あなたも知らずにしてるかも!

女性は男性との喧嘩でも口が立つと言われており、そしてお話が大好きです。
あまり言葉数が少ない女性でも、好きな男性には素で対応しています。

その為、知らずに男性に対してNGワードが口癖となっているかもしれないです。
今回は、この口癖についてお伝えします。
ついつい言いがちな疲れたの言葉ですが、男性からするとNGワードのようです。
仮にデートが仕事終わりの際、彼女が疲れたという言葉を発するとデートしたくない?帰りたい?といった感情になり、自分といても楽しくないのだと誤解されます。

また同棲中の彼女であれば、疲れているのはお互い様であると考えており、反感をかいかねません。
もちろん、女性からするとただ仕事に疲れただけの独り言のようなものですが、男性からすると捉え方は異なるようです。
自分の世界に入ってしまいがちのリラックスモードの時、ついついしがちなのが愛想笑いです。
彼からすると彼女と楽しい会話の時間であり、彼は彼女を楽しませようと必死なわけです。

しかし、彼女側がきちんと話を聞いておらず、愛想笑いで切り抜けられては、辛いのは当たり前です。
彼が話をしてきたのであれば、できるだけ他事は後回しにして話を聞くのか、もしくはこれだけ終わらさせてねと優しく後で話を聞く時間を作ることが重要です。
話をしているのにふーんと軽く流す態度は完璧NGです。
女性からすると、返す言葉がなくその場を円満に終わらせようとする言葉でもあるのですが、男性からすると納得できないようです。
何故軽く流すのだろう?話を真剣に聞いてくれないと考え、会話が減ってしまいます。

そうならない為に、そうなんだをふーんの代わりに使う事で、男性側もきちんと話を聞いてくれていると考えます。
えっ?と男性もびっくりの発言なのですが、実は使う女性は多いようです。
こちらも相槌に近いものがあるのですが、男性からすれば話す必要がないと流されたも同然に感じるようです。

彼を傷つけない為に、言葉選びは重要なようです。
男性は意外と女性よりもナイーブな生き物です。
女性にとっては、なにげない発言も男性にとってはなんでこんな傷つく発言をしたのだろうと悲しくなってしまうようです。

そうならない為にも、言葉遣いは気をつけそして態度で彼の話を聞いていると分かるようにする事でトラブルを回避できます。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事