2020.09.25

男性がニヤける女性からのスキンシップ5選

スキンシップは、カップルにとって言葉以上のコミュニケーション。彼女のほうからさりげなく彼氏にふれてみるだけでも、男性としてはドキドキ、ソワソワするはず。

彼氏ともっと仲良くなりたいなら、スキンシップをちょっとだけ工夫してみましょう。男性は女性のどんなスキンシップにキュンとくるのでしょうか。
「最近何だか彼氏とマンネリだな……。」と感じたら、スキンシップが足りない証拠なのかもしれません。いつもとちょっとだけ変わったスキンシップを取り入れてみるだけでも彼氏は思わずキュンとなり、彼女の気分も盛り上がるはずです。
スキンシップの定番といえば、やっぱりバックハグ。何も言わずにさりげなく彼氏に背中から抱きつくだけでもう、ラブラブムードは全開です。

バックハグのまま耳元で優しくささやきかけるとなお効果的。ふたりだけの秘め事のような感じがして、彼氏も彼女もお互いのことがよりいっそう愛おしく感じられるはずです。
手をつないだり、腕を組んだりするのは今の時代、スキンシップの初級編。恋人気分をもっともっと楽しみたいなら、指をそっとからめてみましょう。

指は手以上にプライベートなエリアですので、彼女のほうからそっと絡ませれば親密度も急上昇。まわりから見てもラブラブなカップルに思われるでしょう。
これもキュンとくるスキンシップです。彼氏から見れば、彼女の顔がすぐ近くにくるのでドキドキ度は抜群。お互いの声も至近距離で聞こえるので内緒の話もでき、信頼関係もさらにアップするはずです。
男性にとっても女性にとっても、肩から上はプライベートなエリアです。言い換えれば「彼女だからこそさわれるゾーン」であり、首に腕を回されると男性のほうも彼女との距離感がぐっと縮まり、恋人スイッチが入るはず。

キスはある意味で究極のコミュニケーション。唇以外の場所にキスをしても充分に効果があります。

頬にキスをすると可愛らしいですし、首筋にそっとキスをするとぐっと大人のムードが高まります。

ただ、キスがうますぎるとかえって男性を引かせてしまうことがありますので、彼氏との距離感を見きわめるのもポイントです。
スキンシップはカップルにとって欠かせないコミュニケーション。気分や距離感に合わせてスキンシップのバリエーションを工夫することで、彼氏のドキドキ度もさらにアップするでしょう。

ただ、外でのスキンシップは要注意。時間と場所をよく考えて、ほどよくスキンシップを楽しみましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事