2020.09.26

優しさと優柔不断は似て非なるけど、どうやって見極めるの?

優しいと優柔不断の境界って案外曖昧ですよね。特に、人付き合いの時に多く感じることがあるのではないでしょうか。明確に定義するのはなかなか難しいと思います。

しかし、ある程度見極めることは可能なはずです。今回はそんな優しさと優柔不断の見極め方について調べ、まとめてみました。見極めることは難しいものとされていますが、少しでも判断の際の基準になれば幸いです。
デートの日程を決めるときに、相手の出方を見て見ましょう。すぐに日程を決めてくれる場合は問題なしです。もし相手が決めるのに時間がかかってしまっていたり、「いつでもいい」みたいな回答が来たときは注意です。

「いつでもいい」は一見聞こえが良く、相手を思いやっている感じがありますが、優柔不断なだけな場合が多いです。あまりにもこういった事態が続く場合は、間違いなく自分で決められていないだけなので、優柔不断と見て間違いないです。
 
なにか相手と大事な話し合いをしてみましょう。重大な意思決定をする時に、優しさと優柔不断の見極めが可能です。優しい人は、相手を心配させないためにハッキリと言葉に出して、あなたを安心させてくれるはずです。

逆に、大事な話し合いをしているにも関わらず、煮え切らない感じの返答をしたり、先延ばしにする場合は単に優柔不断です。大事な話し合いをしている時に相手の性格が出てくるので、注意深く観察してみましょう。
 
喧嘩をしてしまった時の反応も参考になります。人間は追い詰められると、余裕がなくなり、性格が露わになってきます。そんな時こそ相手の出方を窺ってみましょう。

優しい人であれば、きちんと誠意のある対応や発言をしてくれるはずです。しかし、優柔不断な人だと、黙ってしまったり、逃げてしまったりするかもしれません。喧嘩の時に分かりやすく相手の素が出るので、見逃さないようにすべきです。
 
相手と一緒に何か物を買う時があるでしょう。そんな時も相手の優しさや、優柔不断さを見極める大きなチャンスなのです。率先して、あなたの意見を汲んだり、自分の買いたいものをハッキリ伝えてくれる人は優しい性格をしています。
その逆で、あなたの意見を聞かなかったり、自分の意見をなかなか出さない人は優柔不断なタイプと見て間違いないです。物を買う時も大きな見極めポイントなので、注意深く観察してみましょう。
 
相手が優しいのか、優柔不断なのか見極めるのは簡単なことではありません。しかし、日常で一緒に過ごす時間の数々に見極めるヒントが散らばっています。

そのヒントをいかに見逃さないかが重要になっていきます。細かく相手のことを観察して、タイプを見極めていきましょう。
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事