2020.10.04

好きな人と電話したい!自然な口実やタイミングについて

好きな人との距離を一気に縮めたい……そんな時には電話がおすすめです。しかし、好きな人に電話するのはなかなか勇気がいるものです。好きな人に電話を掛けたい時は、どんなところを気をつけた方が良いのでしょうか?今回は好きな人に自然に電話を掛けるための口実や気を付けることについてご紹介します。
最近の連絡手段といえば、LINEがほとんどです。しかし、好きな人となら電話したくなるのもわかります。電話の中でもLINE電話を使えば、料金を気にせずに電話することが可能です。だからこそ電話をかけたくなりますが、何の前触れもなく電話するのはNGです。

もしかしたら相手が忙しくしている可能性もありますし、もともと電話が苦手な人もいます。だからこそ、好きな人に電話をする時は、事前に断りを入れてからかけるのがおすすめです。あまりにも突然何度も電話をかけてしまうと、引かれてしまう可能性もあるので注意しましょう。
好きな人と電話したいと思っても、口実がないとなかなか電話できませんよね。自分の気持ちが彼にバレる前提でかけたいなら、ストレートに「電話で話したい」といってもOKです。ただし、まだ彼の気持ちがわからないからこそ、慎重に行きたいと思っている人なら、何かしら口実を作るようにしましょう。

電話をするということは、メールやLINEでは済ませられないことを前提としています。だからこそ、何かしらの用事は1つ考えておくと良いでしょう。例えば何かの相談に乗ってもらったり、彼に何か質問をしたり、些細なことでも大丈夫です。

しかし、あまりにも些細なことだと、すぐに電話を切られてしまう可能性があるので、話を広げやすい内容を考えておくようにしましょう。
好きな人との電話で気を付けることは、まず相手の都合に合わせるということです。電話をするタイミングによっては、その後何かしらの用事があることも。そういった場合無理に長電話せずに相手の都合に合わせるようにしましょう。

また、話すネタが尽きてきているのに、長電話するのは相手にとっても疲れてしまいます。長電話したいと思ったとしても、彼の反応を見て自分から切ってあげるようにしましょう。
好きな人と電話したいと思っていたら、彼の方から電話がかかってきた!というパターンもありますよね。これは脈ありなのか気になるところですが、男性からするとLINEやメールよりも電話の方が楽だと感じる人もいます。

そのため、すべてが脈ありというわけではありませんが、頻繁にかかってくるようであれば、好意を持ってくれている可能性が高いです。彼からも電話を掛けてきてもらいたいなら、相手がしつこく感じない程度に、何度か電話を掛けてみるのがおすすめです。
好きな人との電話についてご紹介しました。今は通話料を気にすることなく電話が楽しめるようになり、電話に対するハードルも下がっているように思います。彼との関係をぐっと近づけたいと思うなら、勇気をふり絞って電話をしてみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事