2020.10.06

仕事で忙しい彼氏を持つあなたへ!理想的な付き合い方は?

「彼氏の仕事が忙しくてほとんど会えない」「デートに行く機会が合わない」など、仕事で忙しい彼氏を持つと、何かと悩みもあるものです。

かと言って、仕事を減らすようにお願いしたり、別の仕事を探してもらうなどは、ちょっと難しいもの。仕事に誇りを持ち、その仕事が大好きな彼氏にそんなことを言ったら、嫌われてしまう可能性があります。

ではどうやってお付き合いしていけばいいのか?ここでは仕事で忙しい彼氏を持つ方に、理想的な付き合い方をいくつか解説させていただきます。
仕事で忙しい彼氏とのデートは貴重な時間。デートの回数が少ないからといって、彼氏に文句を言ったり、怒ったりしてはいけません。貴重な時間なのですから、心から楽しむことが大切です。

学生同士のカップルのように、会いたい時に会えるわけではありませんので、一回一回のデートを心から楽しみ、お互いに幸せな時間を過ごすようにしましょう。

あなたが楽しむことで彼氏も幸せになり、少し無理してでもデートのスケジュールを組んでくれるようになるかもしれませんよ。
彼氏と会えないからといって、とことん彼氏にメッセージを送ったり、返信が来るのを待っていませんか?その時間、会えない悲しみや寂しさがあります。

それを感じ取った彼氏がどう思うでしょうか?「自分と付き合っていることで、彼女に寂しい思いをさせてしまっている」と悲観的になってしまいます。

だからこそ、1人でいる時も充実した時間を過ごし、彼氏を安心させてあげることが大切です。何か趣味に熱中したり、友達と遊んだりと、なんでも構いません。

充実した時間を過ごすことで、彼氏と会えない寂しさを払拭することができますし、メッセージの返信を待つという不安も無くなることでしょう。
仕事で忙しい彼氏は、自分が今どんな状況なのかを彼女に伝えようとしてきます。その彼氏の現状を受け入れてあげることが大切です。

「昨日は忙しすぎて自宅に帰れなかった」「ほとんど寝れてない」「取引先とのやり取りで半日が終わっちゃった」などを伝えられたとします。

そのような話を聞いたところで、きっとつまらないことでしょう。しかしその現状を受け入れてあげるのが彼女の役割です。
親身になって話を聞いてあげ、全て受け入れてあげましょう。

彼氏の現状を受け入れてあげることが大切だと先述させていただきましたが、ただ受け入れているだけではいけません。それではあなたのストレスが溜まっていく一方です。

ですので、たまに自分の気持ちも伝えることが大切です。「会いたい」「寂しい」「デートしたい」など、正直にストレートに伝えることで、彼氏の感情を高ぶらせることに繋がります。

ただしあくまでも「たまに」です。毎日のように気持ちを伝えていると、「いい加減にしてくれ」と怒りを買ってしまう可能性があります。ほどほどにしておきましょう。
仕事で忙しい彼氏を持つと、会えない寂しさでつらいものです。彼氏も同じように、寂しさを常に抱えています。

しかしその寂しさがあるからこそ、会った時の喜びは言葉に表せません。

まずはあなたが彼氏の忙しさを理解してあげることです。そうすることで、ふたりの愛は強固なものになり、お互いにかけがえのない人になること間違いありません。

(ハウコレ編集部)

関連記事