2020.10.10

大人の上品さを身に付けるテクニック

困ったときにサラッと大人の対応ができる上品な女性。誰もが憧れますよね。今回はどうすれば大人の上品さを身につけることができるか、4つのテクニックをご紹介したいと思います。どれも努力すれば真似できるものばかりなので、あなたも上品さを身につけて憧れられる存在になりましょう。
まさか持っていない人はいないと思いますが、ハンカチ、ティッシュは持っていて当たり前です。手を洗った後に使うのはもちろん、誰かが怪我をしたときや水気を拭き取りたいときにあると便利です。

大人の上品さを持つ人は、いざというときに必要なものがさっと出せる人。誰かが必要としていれば、予備のハンカチをさっと、かするくらい気が利くのが大人です。同じハンカチを入れっぱなしにしてしまっていると、シワがよっているので分かります。清潔なものを持ち歩くのはもはや常識ですね。
大人の上品さは、外見だけでは判断できません。毎日丁寧に生きている姿勢が表面に出てくるものです。みんなの前では上品に振る舞っていても 、部屋が片付いていないのではまだまだ本当の上品さには届きません。

まずは部屋の中の物を捨てることから始めましょう。自分が思っているよりも、生活に必要なものは限られています。すぐ捨てるのが怖い人は、一度箱の中に使わないと思うものをしまっておきましょう。1年間使わなければゴミ箱行きです。整理整頓された部屋から新鮮な空気と上品さが生まれます。
大人の上品さとはつまり知性です。本をよく読む人は漢字をよく知っています。漢字は日本人には必須項目なので、知っていて損はありません。また言葉を多く知ることで、自分の感情をより豊かに認識することができます。

自分の気持ちを言語化できる人は、ストレスが溜まりにくいという研究結果があります。大人の女性は自分のストレスもうまくコントロールできるもの。言語能力を鍛えることにより、落ち着いた大人の女性になることができるのですね。
大人の上品さを持つ女性は、一見スキがなく誰も寄せ付けないような雰囲気を漂わせていますが、本当は遊び心を持つ親近感溢れる性格をしています。ときと場合によっては多少の下ネタはOK。 自分が許せる範囲で楽しむことができます。

完璧な性格と思われがちですが、 ちょっとお酒を飲んだり、たまにライブでハメを外したり、遊び心があるのも人を惹きつける意外な魅力になります。上品な大人になりたいからといって偏見でものを見るのはやめましょうね。
本当にできる大人は常識的なことをもちろん身につけています。それに合わせて、人の迷惑にならないように常識の範囲で最大限楽しむ遊び心もあるので一緒にいる人が楽しくなってきます。それはきちんとした生活の上に成り立つもの。正しく基本的な生活をするように心がけましょう。 

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事