2020.10.13

年の差なんて!年上の男性に上手にアピールするコツ!

今の時代、10歳、20歳以上の歳の差カップルもめずらしくなくなってきていますが、女性としてはやっぱり、年上の男性には気後れしてしまうもの。

年下らしくキュートにアピールするべきか、大人っぽい一面をアピールしたほうがいいのか……彼のタイプによっても、攻略法は変わってきます。

年上男性への片想いを実らせるためのポイントについて見ていきましょう。
若いうちは特に、年上の男性はそれだけで落ち着いて見えるため、魅力を感じるものです。

サークルの上級生、バイト先の先輩、職場の上司、年上男性への効果的なアプローチについて、シチュエーション別に詳しく検討していきましょう。
年上男性は結局、キュートで可愛らしい女性に弱いもの。

特に、童顔で小動物系の女性であれば、ちょっとした仕草だけでも可愛らしいと思われやすく、年上男性へのアピール効果も抜群です。

同性からは多少あざとく見えたとしても、男性は意外と鈍感な生き物ですのでわかりやすく好感を持たれるはずです。
大人っぽい女性に好感を抱く男性も少なくありません。

特に、仕事をバリバリこなすタイプの男性の場合、カワイイ系の女子よりも自立した女性に親近感を抱き、「対等な関係で恋愛したい」と思う傾向があります。

アラサーになってもカワイイ路線にこだわるのは無理が出てきますので、知的な男性にアピールするなら大人女子をめざした方が近道でしょう。
実年齢と精神年齢は、必ずしも比例しません。

むしろ、仕事を第一線でこなしている男性ほど心のどこかでは「女性に思いっきり甘えたい」という願望を抱いていたりします。

年下の女性でも、母性本能が強く、包容力のある女性であれば年上男性を上手に甘えさせてあげることができ、安心感から恋愛につなげることができます。

男性をリスペクトしつつ、手のひらで上手に転がすくらいの余裕を持っていれば関係も長続きするでしょう。
「年の差があるから……。」という理由であきらめていては、恋のチャンスをつかむことはできません。

年下の女性に惹かれる男性も多く、年齢差があっても上手にアピールすれば距離感は確実に縮まっていきます。

キュート系、クール系、包容力……年下彼女といっても、アプローチの方法はさまざまです。

彼のタイプを冷静に見きわめつつ、あなたにしか出せない魅力で積極的にアピールしましょう!
(ハウコレ編集部)

関連記事