2020.10.14

同棲気分を味わいたい。彼氏から合鍵をもらう方法

彼氏と同棲したいとは思いつつも、まだそのタイミングではないため、せめて合鍵をもらって同棲気分を味わいたいと思う人も多いのではないでしょうか。

合鍵をもらえれば信頼してもらえた感じがして嬉しいですし、特別な彼女になれた感じがします。また、浮気する人は合鍵を渡すと不都合があるため、合鍵をもらえれば彼氏のことを信用できますよね。

しかし彼氏がなかなか合鍵をくれる様子がないとなると、彼女としては不満です。自分からいってもいいのですが、なんだか気が引ける部分もあります。

では、彼氏から合鍵をもらうためには、どのような方法を取ればよいのでしょうか。
彼氏から合鍵をもらう方法としては、彼氏が仕事から帰ってくるまでに料理を作っておくと約束するという方法があります。

彼氏が帰るまでにあなたが部屋に入り、料理を作るためには、部屋に入らなければなりません。そのため、合鍵をもらう必要があるのです。

彼氏としても疲れて仕事から帰ってきたら、食事の用意ができているというのは嬉しいでしょう。お風呂なども入れてあれば最高です。

そのため、彼氏に「今度、料理作っておいてあげるよ」と提案してみてください。

合鍵を渡さなければいけなくなるため、断る彼氏もいますが、何も考えずに「いいよ」と言ってくれる彼氏もいます。そうなれば後はこちらの思い通りですので、上手く合鍵をもらってください。
何度もお泊りをするというのも、彼氏から合鍵をもらう方法としておすすめです。

何度も彼氏の家にお泊りしていると、彼氏が先に仕事に行ったり、あなたが先に家に到着して外で待っていたりすることもあるでしょう。

このような状況が何回も起きると、合鍵を持っていたほうが便利な状況となります。

特に彼氏は彼女を何度も外で待たせることになると危険ですので、合鍵を渡すという判断をしやすいです。

そのため、合鍵をもらいたい人は何度も彼氏に家に行き、合鍵があったほうがいいという状況を何度も起こしましょう。
先にあなたの部屋の合鍵を渡すというのも、合鍵をもらういい方法です。

あなたが渡せば彼氏もあなたに合鍵を渡す流れになるでしょう。彼氏が何も言わなくても、あなたのほうから「合鍵ちょうだい」と言えば、彼も応じざるを得ません。

しかし合鍵を渡したことで、別れた後に問題になることも少なくありません。元カレが勝手に部屋に入るなどのような、ストーカー被害のリスクは上がってしまうでしょう。

そのため、気軽に合鍵を渡すのはやめておいたほうがいいです。できればほかの方法を使って彼氏から合鍵をもらいましょう。
合鍵を渡すのは防犯上、あまりよくないことですので、男性はそのようなことを考えた結果、渡さないという人もいます。

また、彼氏が合鍵を渡せば、あなたも彼に合鍵を渡すことになるでしょう。それを考えると、やはり心配な部分もあるのではないでしょうか。

そのため、合鍵が欲しい気持ちもわかりますが、そのようなことを考慮した上で彼氏から合鍵をもらってください。リスクを考えて合鍵をもらわないというのも、賢明な判断です。
(ハウコレ編集部)

関連記事