2020.10.17

距離がぐっと縮まる!失恋男子にチャンスあり!

失恋をすると誰でも気分が落ち込み、「もう二度と恋なんかしない!」という気持ちになるものです。

ただ、気になる彼にアプローチするなら失恋中がチャンス!ひどい失恋で心が傷ついているときだからこそ、彼のほうも気持ちを受け入れやすくなり、片想いが実りやすくなると言われています。

失恋男子の効果的なアプローチ方法についてシミュレーションしておきましょう。
ずっと気になっている彼がいるのなら、あえて失恋直後にアプローチしてみましょう。「失恋したばかりだと気持ちが届かないのでは?」と思われるかもしれませんが、むしろ、失恋直後だからこそあなたの気持ちが届きやすくなるんです。

失恋男子が狙い目な理由と効果的なアプローチについて見ていきましょう。
失恋にかぎらず、大きな悩みにぶつかったときには誰でも不安でいっぱいになり、誰かに話を聞いてもらいたくなるものです。まして失恋となると、直接ぶつけられなかった本音がいろいろと溜まっているので、心のどこかでは話し相手を欲しているものです。

そんなとき、女性からやさしく話を聞いてもらえれば気分も軽くなりますし、心の中のモヤモヤを受け止めてくれた女性に対して好意を抱くようになります。

「失恋のチャンスを狙う」のではなく、「話をゆっくり聞いてあげる」というスタンスで接すると、彼のほうも自然に心を開いてくれるでしょう。
誰でも、自分の話を否定されれば嫌な気分になります。

聞き手としてはつい、親切心であれこれとアドバイスをしたくなるかもしれませんが、それは逆効果です。

彼は決して、アドバイスを求めているわけではありません。アドバイスをする、ということは結局、相手を少なからず否定するのと同じことなので、失恋男子へのアプローチとしては適していません。

気になる彼との距離を縮めたいなら、話をさえぎらず、否定せず、彼が満足するまで聞き役に徹するのが基本です。
失恋直後のほうがアプローチの効果があがります。失恋から時間が経ってしまうと彼の気分も落ち着いてしまい、「話を聞いてもらいたい」という欲求が薄まってしまいます。あるいは、新しい恋にむけて気持ちを切り替えているかもしれません。

彼のことをさりげなく観察し、失恋してすぐのタイミングで上手にアプローチすることができればチャンスも広がるでしょう。
片想いの彼にアプローチするのなら、失恋直後が絶好のチャンスです。失恋で心が傷つき、「自分なんて……」と思っているタイミングだからこそ、やさしく話を聞いてくれる女性が表れれば好意を抱きやすくなります。

片想いを一度忘れて、彼の気持ちに寄り添ってあげましょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事