2020.10.19

さりげなくドキッとさせよう。デート中の胸キュンで不意打ちな一撃

どうもあかりです。
今日の記事のテーマはタイトルのとおり。すごくシンプルです。
でも、「さりげなく」「不意打ち」というところがカギで、あまりありきたりなテクはご紹介しないつもりです。

「待ち合わせではとびきりの笑顔で」「彼氏の顔を見つめる」「髪を結ぶ」とか、そういう「どこかで見たことがある」と感じてしまうようなのはみなさんだって既に知っていて実践したことがあるかもしれませんし、それこそあなたの彼氏だって以前誰かにやられた経験があってとくにドキドキしてくれないかもしれませんからね。

「へー、こういうのがあるんだ!私もやってみたい!」と思っていただけるような、新鮮かつ斬新かつ効果的な「デート中の胸キュンで不意打ちな一撃」をご紹介していけたらと思います。では、参りましょう。
「自分から手を繋ぐ」みたいなドキドキテクをたまに目にしますが、私はそれはちょっとどうかなと個人的には思ってしまいます。
それよりも、「彼氏に手を繋いでもらった後で、握った手をニギニギする」の方が圧倒的に彼氏をドキドキさせられると思う。

そもそも男性は「彼女が積極的に行動してくれる」よりも「俺の行動に対して嬉しそうにリアクションしてくれる」方が、ずっとドキドキしてしまうのです。
「面白い話をできる彼女」よりも「俺の話にたくさん笑ってくれる彼女」の方が好きな理由もそこにあります。

彼氏から手を握ってもらえたときには、自分から手のつなぎ方をあれこれ変えたり、「ギュー」っと強く握り返したり、ルンルンと手を振ったりすることで「手を繋いでもらえて、めっちゃ嬉しいです!」感をガンガン出しましょう。

■鏡に写った自分をさりげなくチェックする


「外見を気にする」というのは、男女問わず、好きな人と一緒にいるときについついやってしまうことです。
彼氏目線で見ると、隣で歩いている自分の彼女が、街中やお店の中にある鏡や反射性のガラスの前で「チラっ」と自分の服装や髪型をチェックしているのを目撃するのは、とても「かわいい」と感じてしまいます。

この自分の外見をさりげなくチェックする仕草には、「私、ちゃんとかわいいかな……」「かわいいって思われたいな……」という彼女の「心の声」がこもっていますが、「心の声」だからこそ、「好きだよ」みたいな直接言葉にするセリフよりも真実味があります。

ただ、あまりやり過ぎてしまうと「私、大丈夫かな。かわいいかな」という健気なかわいさチェックじゃなくて「私、かわいいな」というナルシスト的な行動になってしまいますので、彼氏に気付かれるか気付かれないかくらいのタイミングで数回やる程度で十分だと思います。
デートが始まってから終盤に近づくにつれて、会話がどんどん盛り上がっていって二人のテンションが高まっていくのが理想的なデートのあり方ですが、この黄金律にあえて反するテクをご紹介しましょう。

あえて、デート終盤で元気がなくなっちゃってください。
そうしたら必ず彼氏は「ねえ、どうしたの?元気ない?」と心配して聞いてくれるはずです。
そこですかさず「うん。だってもうすぐバイバイしなくちゃって考えたら……さみしくて」と言ってあげてください。

きっと彼氏は嬉しすぎてお漏らしをしてしまうはずです。
「俺とのデート、つまらないかな……」と不安に感じていた矢先、実は彼女がつまらなそうにしていたのは、自分とのデートが楽しすぎて、それがもうすぐ終わるのが嫌だからだと知る。

こんなに最強な「下げてから、上げる」はそうそうありません。

■「甘えてもいい?」


「好きだよ」みたいなセリフも、もちろん彼氏をドキドキさせることができると思います。
だけどせっかくなら、もうちょっと彼氏が「意外」と感じるような、ありきたりじゃない一言で彼氏のことをドキドキさせてあげたいものです。

そんなときには、「ねえねえ、ちょっと甘えてもいい?」という一言を使ってみましょう。
「甘えてもいい?」って、なんてかわいい響きでしょう。女性である私から見ても、このセリフはちょっとかわいすぎます。女友達にこれを言われただけでも軽くその子のことを好きになってしまいそうなくらい、いとおしくて神々しい……。

そしてポイントは、「ねえ、ちょっと甘えちゃってもいいかな?」と腰を低くしてお願いをした上で、「めちゃくちゃ些細」かつ「彼氏のことが好きだからこそのお願い」をすることですね。
「頭をなでなでしてほしいの」とか「バイバイするのあと10分だけ延長してもいい?」とかね。

彼氏としては、「俺のことが好きすぎて、こんなに大したことないお願いをこんなに大それたことっぽく言ってくるの……かわいい!」と感じられますが、それが「かわいい」の理由ですね。
そもそも「恋愛テク」と呼べるのかどうかすらよくわかりませんが、レストランで一緒にご飯を食べるとき、「お行儀よく食べる」を実践するだけでも、彼氏のことをドキドキさせることはできます。

綺麗なものは、美しい。
それは外見だけじゃなくて、所作や言動にも当てはまるものです。
1メートルくらいの至近距離で、しかも対面で2~3時間くらい過ごすわけですから、テーブル越しのお行儀のよさはとても光ります。

お行儀よく食べているだけで、「この子、素敵だな……」と思ってもらえるなんて、ファッションやメイク、料理の勉強などどんな「モテ」のための努力よりもコストパフォーマンスが高いと思いませんか?

また、食べているときの姿勢も大事です。
女性に限った話じゃありませんけど、はたから見ていると、ご飯を食べているときにすごく姿勢が悪いな~と思ってしまう人は多いです。
例えば彼氏がトイレに行って戻ってきたとき、やや離れたところから自分の彼女のことを見て、スラっと背筋を伸ばして座っているのと、背中を丸めてスマホを見ているのとでは、全く印象が違いますよね。

ぜひ今後は意識してみるといいと思いますよ。

■「考え方」に「かっこいい」と言う


女性が彼氏から「かわいいね」と褒められたら嬉しいように、男性も彼女から「かっこいい」と褒められるのは好きです。

ただ、男性と女性とで大きく違うのは、男性の場合、外見と同じくらい、いや人によってはそれ以上に「考え方」のことを「かっこいい」と褒めてほしいと思っている点です。
それこそ、すでにお付き合いをしている関係性にある以上、彼女であるあなたが、彼氏の外見を「かっこいい」と思っていることは、言ってしまえば当たり前のことだと彼氏は認識をしているでしょう。

だから、付き合う前であればともかく、すでに彼氏彼女の関係になった今、彼氏の外見について「かっこいい」と評価してあげることには、そこまで大きな価値があるとは言えません。
他方で、付き合ったからといって、彼女が彼氏の考え方、生き方、価値観を「かっこいい」と思っているかどうかは分かりません。
女性は男性よりも比較的、付き合う段階から相手の「中身」をよく見ているとは思いますが、それでも所詮「友達」としての相手しか知りませんから、それにもどうしても限度があります。

なので、付き合った後は、積極的に「彼氏の中身」を「かっこいい」と言ってあげることを意識してください。
彼氏がデートのとき、自分の仕事に対する姿勢や考え方、将来像を語ったり、あるいは彼女からの友人関係などに関する相談に対して放った回答。こういった彼氏の深い内面が表れたときに、「その考え方、すごくかっこいいね」と褒めてあげるべきです。

男性としても、自分の外見を好みだと思ってくれる女性を探すことは難しいことじゃありません。合コンその他の出会いを通じて、自分に対して早い段階で好意を示してくれる女性のことは、「あ、俺の外見が好みなのかも」と判断できます。

しかし、「考え方」を「かっこいい」と思ってくれる女性を探すことは簡単じゃありません。たとえ相手が自分の彼女であっても、自分の考え方を「かっこいい」と思ってくれる保証はないわけですから。
なので、「考え方」に「かっこいい」と言うことで、あなたは彼氏にとって「特別な彼女」になることができます。
デート中に彼氏をドキドキさせる方法として、よく「彼氏の顔をじっと見つめる」みたいなアドバイスがありますね。
しかし、こういうアドバイスを聞いたとき、みなさんは「なかなか現実的じゃないな……」と感じるのではないでしょうか。
そうです。私たち日本人にとって、この「じっと見つめる」という戦略はあまりにも現実味がありません。

まあ、「別に、見つめるくらいできますけど?」という人もいるかもしれませんが、そうではない大半の人にとっては、「見つめる」よりも、もっと現実的で、しかもより効果的な戦略があります。
それは、「盗み見でじーっと見つめて、彼氏と目が合ったかどうかという瞬間に、目をそらす」です。

不思議なことに、私たちって誰かのことをふと見て、その人と目が合った瞬間に、「その人が今まで何秒くらい自分のことを見ていたか」がわかると思うんですよね。
本当に感覚的なことなのですが、きっと「わかるわかる」と思った方も多いでしょう。

「じっと見つめる」ができなくても、盗み見によって彼氏の横顔をたくさん見て、それで彼氏と目が合ったら、サッと恥ずかしそうに目をそらすことで、「あなたのことをじっと見ちゃってました」を伝えることができます。
恥ずかしがり屋のみなさんに、ぜひ試してみてもらいたいと思います。

■バイバイしてから、追っかける


デートの最後で、「バイバ~イ」と手を振ってお別れした後、彼氏のことを追いかけて、「さみしくて戻ってきちゃった」とかわいく言ってあげましょう。
「バイバイのときに悲しそうな顔をする」とか「また会いたいと言う」といった、「バイバイする瞬間のモテテク」は少なくありませんが、こういった「バイバイした後」に使うモテテクはあまり例がなく、彼氏にとってもきっと新鮮に映るはずです。
そして何より、かわいいですよね。

ということで今回はこの辺で。試してみて、「彼氏に喜んでもらえた!」というものがあったらぜひ私のツイッターまでご報告していただけると嬉しいです。それではまた次の記事でお会いしましょう!(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事