2020.10.19

長く付き合ってもラブラブ!仲良しカップルの3つの特徴

短期間終わってしまうカップルもいれば、どんなに長く付き合ってもラブラブでいられるカップルもいて、何が違うんだろう……と不思議になることもありますよね。

長く付き合ってもラブラブなカップルには、3つの特徴があります。

どの特徴も、簡単にできることばかりですので、今からでも実践できます。ぜひ最後までご覧ください。
親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、どんなに仲良くなってラブラブでいても、相手に対して感謝の気持ちを忘れないことがポイントのひとつ。

一緒にいてくれる時間や、休みを合わせてくれることも、「ありがとう」と伝えることで、これからも一緒にいたいな……と男性は思うのだとか。

行きたいところに連れて行ってもらえることなど、普段の何気ないことにも感謝の気持ちを持つことで、より大切にしたい女性に感じるとの声もあります。
付き合う前は、デートに行けたことがうれしかったり、連絡をしてもらえると明日も頑張ろうと思えたり、気持ちが満たされることが多いですよね。

付き合いが長くなると、連絡してくれるのは当たり前、好きでいてもらえるのは自然なことなど、日常を当たり前に思ってしまいます。

慣れからどうしても当たり前に思ってしまいがちですが、どんなこともあなたのことを好きだからしたいと思えること。

「いつもデートできるのが当たり前と思っている俺の彼女。ひとりの時間が欲しいのを理解
してもらえないと、別れも考えたくなる」という本音も……。
優しくていつもいうことを受け入れてくれる男性だと、「これくらいわがままいっても大丈夫でしょ」と、彼のことを軽くみてしまうことも。

意識していなくても、彼を下に見てしまい、エスカレートしていくと、「どうしてこんなこともできないの?」と見下しがちな言葉が出てしまうリスクが高まります。

たとえば、自分の意見がなくていつも彼女の意見ばかり賛同する彼。付き合いが長くなると張り合いがなくつまらなくなってしまうもの。
「自分の意見がない=相手の意見を尊重している」と考えると、相手のことを受け入れやすくなりますよ。
小さな心がけや捉え方を変えるだけで、彼との関係がよりよいものになっていきます。長く付き合っていると馴れ合いからつまらないと感じることもありますが、落ち着いた関係はともて幸せな時間です。

ちょっとした心がけでずっと仲良し!ぜひふたりの絆を深めていってくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事