2020.10.19

男性が怖い・どう接したらいい?

男性とお付き合いをする以前の話として、男性に慣れていないので男性が怖いという悩みを持っている人もいますよね。
兄弟がいなかったり、女子校育ちだったりするとこの傾向が強いみたいです。

今回は男性が怖いという人が、どう男性に接したらいいのかを考えていきましょう。
どんなに男性が怖いといっても、元は同じ人間です。基本的なことから始めていきましょう。
人付き合いの基本はまず挨拶から。どんなに男性が怖いと言っても、まさか挨拶まで無視している人はいませんよね。

毎日挨拶していると顔見知りになり、次第に話すことが普通になってきます。ちょっと無愛想な感じの男性でも、挨拶をして来られたら嫌いになるという人はいません。
向こうがたとえ挨拶をして来なくても、勇気を出してこちらから話しかけてみましょう。
挨拶に慣れてきたら男性のいいところを軽くほめてみましょう。ほめられて悪い気分になる人はいません。大げさな嘘をつかなくても大丈夫。

「今日つけているネクタイの色がいい」とか「靴のお手入れを毎日きちんとされていますね」など小さなことで構いません。

ちょっとしたことで相手をほめていると、相手もこちら側のほめる場所を探してくれるようになります。
すると向こうからこちらに興味を持ってくれるので、話しかけられやすくなります。そうなると徐々に交流が生まれていきます。
確かに男性のことを理解しようと思うと、まったくわからないことだらけです。
しかし男性さらする私たちもも同じこと。男性も同じように女性のことがまったくわからなくて、平気な顔をしているその裏では焦っているかもしれません。

男女の違いはあるにしろ、同じ人間です。理解できないことが前提条件として、それでも理解しようとするその気持ちが交流を生み出します。

同じ人間だから怖いことは何もないと思いながら接するようにすると、案外話ができるものですよ。
男性は怖くないと頑張って話しかけても、中にはセクハラをしてきたり、意地悪をいってきたりする男性もいます。

そういった男性にはなるべく近寄らないようにしましょう。
頑張って怖くないと思いながら近寄っていると危ない目に遭うこともあります。

もちろんこれは男性に限らない話なのですが、同じ人間でも人に意地悪をしようと常に考えている人がいます。

そういった人に関わると、自分が悪いのではないかと自信を失ってしまうこともあるので、男性全員に苦手意識が育つ前に、意地悪な人からは距離をおきましょう。
自分も相手も何を考えているかわからない。だからこそ優しさや気遣いが生まれます。必要以上に男性を怖がることはありません。

ちょっと話してみて、自分が楽しいなと感じたら会話を続けてみましょう。男性も緊張しているかもしれませんよ。 

(ハウコレ編集部)

関連記事