2020.10.19

男性から少し重いなと思われてしまう7つの瞬間

彼があなたのことを嫌いになったわけではないけれど、「重いな」と感じる瞬間がいくつかあります。
好きだと、どうしてもプッシュしてしまいがち。手遅れになる前に、それはどんな時なのかを知っておきましょう。
1週間も彼から連絡がないという場合でない限り、メールやLINEの返事を急かさないようにしましょう。彼には彼の生活があり、ペースがあります。どんなことで忙しい日々を送っているかはわかりません。あなたが急かしても、彼をいらだたせるだけです。
どうしても返事がほしい場合は、期日を設けて「この日までに返事をお願いね」と断りを入れるようにしましょう。
彼が仕事や友達グループで出かける時、一緒に行く人たちの詳細を求めるのはやめましょう。あなたは彼の母親ではありません。大人の彼の行動をいちいち管理するのではなく、彼を信じましょう。信じられないというのであれば、それはもともとふたりの関係に問題があるのです。
ちょっと他の女の子と楽しそうに話したり、他の女の子のことを褒めたりしただけで「私よりあの子のことが好きなんでしょ」「どうせ私なんか」といじけて口を利かなかったりすると、これは面倒だなと思われても仕方がありません。
拗ねたりいじけたりする代わりに、はっきり気持ちを伝えたほうがベターです。多くの男性は、彼女の素直さを好みます。自尊心を欠いた女性は魅力的に映りません。
「会いたいから」という一方的な都合で、彼がどこにいても、何時でも構わず呼びつけて、彼の愛情の深さをテストする女性がいます。
そして断られると泣いたり、彼を責めたり・・
こういう理不尽なことをして愛情を確かめる女性は男性から重いと思われてしまいます。
恋人同士なんだから、毎日会う必要がある、毎日メールをする必要がある。もしもあなたがそう思っているのなら、それは彼に窮屈な思いをさせているでしょう。
縛られているという感覚を彼に与えてしまうと、彼は逃げ出すための口実を考え始めます。
あなたがルールを作りたければ、まずはふたりで話し合って、ふたりにとって有意義で建設的なルールを作りましょう。
「私のこと好き?」「私、綺麗?」と彼の愛情を何度も確かめるのはNGです。一度や二度なら可愛くても、習慣になると、彼は答えるのも面倒だと思うようになるでしょう。彼の口から言わせなくても、彼の仕草やあなたへの態度で悟れる力を身につけましょう。

「前にも同じことをしたよね」「あの時は傷ついた」など、昔のことを持ち出して彼を責めるのは、面倒どころか、執念深いと思われそう。彼が謝って解決していた問題ならなおさらです。
「ちょっと重いかも」も、頻繁になると、喧嘩や不仲につながることがあります。長く幸せな関係を続けたいのであれば、互いのプライベートを尊重し、「親しき仲にも礼儀あり」を心がけたいですね。
(ハウコレ編集部)

関連記事