2020.10.21

自信のない彼氏に自信を持ってもらうために彼女ができること

彼が年下だったりすると、女性としては彼の自信がないところがもどかしく感じられ、ときにはイライラしてしまうものです。

自信がない彼氏でも、彼女のほうが上手にリードしてあげることで自信のなさを克服し、「頼れる彼氏」に育てていくことができます。

彼に自信を持ってもらうためのポイントについてまとめました。
自信がなく、おどおどしている彼氏はかわいらしく見えますが、いざという時に頼りにならないと女性としてはちょっと困ってしまいます。

彼の「自尊心」を育てつつ、頼もしい彼氏に育てていくポイントについて見ていきましょう。
女性にこんなことを言われて、気分がよくならない男性はいません。

とくに、自分に自信がない彼氏は心のどこかで「本当に僕でいいのかな」と思っていますから、彼女からストレートに気持ちを伝えられることで「僕でいいんだな」と自信を持つことができます。
自尊心を育てるポイントは、ほめることです。

彼氏が自分でも気づいていないポイントをさりげなくほめてあげることで彼氏の自信にもつながりますし、また、「僕のことをよく見てくれてるんだな」と思ってもらえるので、ふたりの親密度アップにもつながります。

彼がコンプレックスに感じているポイントを上手にほめることができれば、より効果がアップするでしょう。
彼女のほうが年上だととくに一方的にリードするような関係が当たり前になってしまい、彼のほうもいつしか「彼女にまかせておいたほうが楽」と思うようになります。

頼もしい彼氏に育てたいのなら、できるだけ彼女がリードせず、どんな細かいことでも彼氏に選ばせ、決めてもらうようにしましょう。

デートプランからお店選び、彼女のファッションまで、細かいポイントを彼氏に決めてもらうことで少しずつ自信を持たせることができ、「彼女をリードする」ことが上手になっていきます。
経験が浅い彼氏ほど、失敗はつきものです。

失敗したからといって一方的に責めてしまったのでは、彼のほうもますます自信をなくし、何もやろうとしなくなってしまいます。

上手くいかなかったと気こそよかったポイントを一緒に探し、彼氏をポジティブな気分にさせてあげることが大切です。
自信がないように見える彼氏でも、彼女の育て方次第で頼れる彼氏に変身させることができます。

先生になったつもりでほめ上手になり、彼の自尊心を育ててあげましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事