2020.10.21

「押せばいける」と思われやすい女性の特徴

合コンで男性からしつこくアプローチされたり、初対面の男性から「付き合おうよ」と何度も言われたり……。

そんなあなたはもしかしたら、男性から「押せばいけるかも」と思われているかもしれません。

初対面で「押せばいけるかも」と思われてしまう女性の特徴と対処法について見ていきましょう。
初対面で「押せばいけるかも」と思われてしまうと、タイプでもない男性からしつこく言い寄られたり、何度もデートに誘われたりして、自分の気持ちがわからなくなってしまうことがあります。

押せばいける、と初対面で思われてしまう女性の共通点についてまとめてみました。
第一印象がおとなしめで、口下手な女性は、男性から見ると「狙いやすいターゲット」になってしまいます。

タイプではない男性から言い寄られても、なかなか本音を言い表すことができないため、断れないうちにずるずるとデートに誘われ、勝手に付き合っていることにされてしまう……ということになりかねません。

本音を言えないのは、やさしさではありません。「断ったら嫌われるかも……」などと考えず、嫌なことは嫌だとはっきり口に出して伝えられる勇気を持ちましょう。
初対面から距離感を詰めすぎる女性も、男性から見るとスキが大きく、押せばいけるかもしれないと思われてしまいます。

「フレンドリーな女性=何でもOKしてくれる」と思われかねませんので、仲良くなれたと油断しているととんでもない勘違いをさせている可能性があります。

親しみやすさも武器のひとつですが、初対面の男性からずるずると距離を縮められることのないように、大切な一戦はきちんと引いておくようにしましょう。
ファッションやメイクが派手すぎる女性は男性から「遊んでいる」と思われてしまい、しつこく言い寄られたりします。

経験豊富というイメージを持たれることもあり、初対面からホテルに誘われたり、過度な下ネタを何度も言われたりします。

男性から甘く見られているとも言えますので、度を越した下ネタは拒否する、初対面では露出を控える、などの対策が必要です。
仕草や態度、雰囲気に隙があると、初対面でも男性から「押せばいけるかも」と思われてしまい、余計な誤解を招いてしまいます。

自分の気持ちを隠してもあなた自身が損をするだけですので、初対面から嫌なものは嫌だときっぱり伝えられる勇気と覚悟を持ちましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事