2020.10.21

いつまでもラブラブ!長続きしているカップルの共通点

付き合いたてのラブラブ感は、時間とともに薄れがちですが、長続きしているカップルはある工夫をしてラブラブを維持していることが多いです。
いつまでも新鮮な恋愛を楽しみたい方へ、長続きしているカップルの共通点をいくつかご紹介します。
一緒にいる時間が長くなればなるほど、些細な感謝の気持ちや思いやりを忘れてしまいがち。
「感謝されない」「謝ってくれない」などの小さな不満が積み重なって、後戻り出来ない程に関係が悪化してしまうのは避けたいですよね。

長続きしているカップルは日頃から「ありがとう」や「ごめんね」の気持ちを言葉に表して、良好な関係を維持しています。
二人でいる時間の過ごし方がマンネリ化してしまうと、付き合いたての新鮮な気持ちを持ち続けることは難しいかもしれません。

仲の良いカップルはデートのバリエーションが多く、新しい経験を二人で共有する習慣がある傾向があります。
「二人でいるといつも楽しい」という気持ちがラブラブ感を生む秘訣です。
見返りを求めて行動することが多いと、見返りを得られなかった場合、「〇〇してあげたのに」と、不満が募ってしまいます。

パートナーと仲良くやっていくためには、奉仕の精神も時には大切です。
長続きしているカップルは、見返りよりも、ただ相手が喜ぶことをしたいと考えていることが多いです。
カップルといえど他人であることに変わりはありません。
自分の思う通りに相手を動かそうとすると相手に嫌悪感を与えてしまい、その関係は長くは続かないでしょう。

パートナーの考えや思いを尊重し、踏み込みすぎないことが心地よい距離感を作り出し、深い愛に繋がっていきます。
長く付き合っていると、イライラしてしまうことや、喧嘩をすることもあるかもしれません。
怒りの感情をコントロール出来ずに相手にぶつけてしまうと、相手をひどく傷つけるきっかけとなり、愛情が段々と冷めてしまう原因になるでしょう。

また、日常のイライラを表情や行動に出していると、相手にとってはとても居心地の悪い空間が出来上がってしまいます。
人にぶつけることで感情を静めるのではなく、自分でコントロールすることを意識しましょう。
趣味や勉強、仕事など、やりたいことを理解して応援することは、相手にとってかけがえのない存在になるために大切なことです。
ただの「好きな人」ではなく、「人生を一緒に歩みたい人」になっていくでしょう。

また、恋愛だけに依存しないということも非常に大切です。
個々でやりたいことを持っている方が、長く付き合っていける関係を築いていくことが出来ます。
長続きしているカップルの共通点をご紹介しました。
パートナーを人として尊重し、思いやりをもって行動していることが分かりましたね。
いつまでも付き合いたての新鮮な気持ちを忘れず、ラブラブな関係を持続していくために、今日からでもぜひ実践してみてはいかがでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連記事