2020.10.21

どうしてそこで!?男性が嫉妬してしまうポイント

女性は嫉妬深いなんて言われがちですが、男性だって嫉妬するんです!何だか今日は彼の機嫌が悪いな、なんて時はもしかすると嫉妬しているのかもしれませんよ。
今回はそんな男性が嫉妬してしまうポイントについてご紹介します。
サークルや職場の集まりなど、彼と一緒にグループで行動するような機会ってありますよね?そんな時にあなたが他の異性に向かって、彼に対してよりも良い笑顔で接していたら……彼は嫉妬してしまうかもしれません。

「そんなこと言ったって、大人なんだから他人には愛想よくするでしょう!」と脱力したくなりますが、嫉妬してしまった彼に、それを察して欲しいというのは無理というもの。

グループが解散して、2人きりになった時に「今日は他の人に気を使って疲れた!笑顔で対応してたから顔が疲れちゃった。」など、他の人への笑顔は作っていますよ、というアピールをしてみてくださいね。
たまたまテレビで見ていた男性アイドルや、職場の異性、男友達など、あなたから異性を褒める言葉を聞くと嫉妬してしまいます。その存在が身近であろうと手の届かない存在であろうと関係ないのです。

2人でいる時は、ちょっと「かっこいいな~。」と思っても口に出さないよう気を付けてくださいね。
女性は自分より可愛い・若い女性と彼氏が親しいと嫌な気持ちになることが多いですが、男性の場合は見た目よりも自分よりも仕事ができる、あるいは能力が高い、または収入のある男性とあなたが親しいとヤキモチをやきます。

お相手のことを彼が詳しく知っていると防ぎようがありませんが、あなたの職場の人などで彼からそんなお相手の「仕事・能力・収入」について聞かれた場合は「他の人の事は興味が無いし、よく知らないんだ。」と誤魔化してしまうのも一つの手かもしれません。
女性男性関係なく、元恋人の話題は余程のことが無い限り避けたほうがベターです。特にそれが悪口だろうが、元彼との肉体関係に関する話題の場合はタブーになります。内容に関係なく、「自分以外の誰かとの肉体関係」に嫉妬してしまうのです。

そうは言ってもあなたがその話題を避けていても、気になって向こうから聞いてくることもあるかもしれません。「まったく経験なし!」と嘘をつくのはよくありませんが、「あんまり……。」と適当にはぐらかしてしまう方が良いですよ。
「今日はデートだから、気合を入れたい!」そう思ってちょっとミニスカートにチャレンジしたり、肩を出すような露出度高めのファッションをすることってあると思うのですが、実はそこでも彼は嫉妬しているかもしれません。

これは、あなたの魅力的な部分を他の異性に見られたくない、と思ってしまうのが原因です。付き合っている時はおとなしめのファッションにするか、嫉妬覚悟で好きなファッションを貫くか、どちらか選ぶ必要がありそうですね。
いかがでしたでしょうか?今回は男性が嫉妬してしまうポイントについて5つご紹介しました。基本的に異性を褒めるのはダメというかんじで、ちょっと面倒くさいですよね……。

今回の5つのポイントを避けつつ、どういった時に嫉妬するのかお互いの嫉妬ポイントを話し合うのも、2人の関係を順調にすすめるために良いかもしれませんよ。
(ハウコレ編集部)

関連記事