2020.10.23

LINEで告白するのはあり?なし?あり派、なし派の意見を紹介

LINEで告白するのは、ありなしどちらなのでしょうか。
好きな人に告白しよう!と思ったとき、どんな方法で告白するか迷いますよね。

告白の方法にはいろいろありますが、定番のコミュニケーションツールでもある「LINE」で告白をするのは、どうなのでしょうか。

LINEなら普段から利用しているし、自分の好きなタイミングで送ることもできるので、変な緊張感がなくていいような気もします……。

ここでは、LINEでの告白がありなのかなしなのか、それぞれの意見をまとめてみました。
さっそく、見ていきましょう。
LINEで告白するのは、ありなしどちらなのでしょうか。

私が独自に友人などに行った調査では、「あり」と答えた人は10人中2人、「なし」と答えた人は10人中6人、「わからない、そのときによる」と答えた人は10人中2人という結果でした。

人数が少ないので確実性には欠けますが、半数以上の人はLINEで告白するのは「なし」と感じているようです。

それぞれの意見を、以下にまとめてみました。
まずは、LINEで告白は「あり」と答えた人の意見です。

・仕事の都合でなかなか時間が合わないけれど、LINEならお互いの都合のいい時間に送れるので。
・既読がつくまで、返事が来るまでのドキドキ感は、LINEでしか味わえないから。
・もしダメだったとき、「冗談だよ」って送ればとりあえずその場は凌げる。

あり派の意見としては、女性の意見が多かったですね。

相手と都合が合わなくても伝えられるという意見のほかに、振られたときでも今まで通りの関係を維持しやすいという保守的な意見もありました。
続いて、LINEで告白は「なし」派の意見です。

・LINEだと、本気なのかどうかが伝わりにくい。
・真剣さは、やっぱり直接顔を見ていないと伝わらないと思う。
・LINEで告白をすると、上手く流されそうで怖い。
 
なし派の意見は、「本気さが伝わらない」というものが圧倒的に多くありました。

確かに、文字にしてしまうと淡白な感じがしますし、本気なのかからかっているのかわからない……という気持ちもわかります。

緊張して上手く伝えられないかも、という気持ちもわかりますが、その緊張感から本気さが伝わるのではないかな?と私は思います。

もちろんいろいろな意見があるとは思いますが、私はやはり告白するなら会って直接伝えたいですし、されるときも直接言われたいですね。
LINEで告白は、ありなしどちらなのか?について、お話ししました。

LINEでの告白は、ありなしどちらの意見もありますが、私が調べた結果では「なし」派の意見のほうが多かったです。

せっかく勇気を出して告白をするのに、本気さが伝わらなかったのでは意味がありません。
確実に気持ちを伝えられるように、告白の方法は吟味してみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事