2020.10.23

好きだけど彼が重い…重い彼氏との上手な付き合い方

大好きな男性と付き合えたのはいいけれど、付き合ってみたら「重い彼氏だった」と分かったら「どう付き合っていけばよいのだろう?」と戸惑う女性が多いでしょう。
好きだからこそ交際したのに、重さから気持ちが冷めてしまう人もいます。

そこで今回は、重い彼氏との上手な付き合い方についてご紹介します。
重い彼氏と上手に付き合うためには、何よりも彼を心配させないことがポイント。

そのためには、彼が「何をしているのだろう?」「もしかして、浮気をしているのでは?」なんていう心配をさせないように、密に連絡を取っておくことが大切です。

しっかりとコミュニケーションが取れていれば彼は安心し、必要以上の詮索もすることがなくなるでしょう。
重い彼氏は、彼女がどこで何をしているのか不安になるもの。
好きだからこそ、心配になるのです。

そのため、その心配を未然に防ぐために、事前に予定などを伝えておきましょう。
「明日は、高校時代の友達とランチに行くからね」「週末は、同僚と飲みに行ってくる」と事前に伝えておけば、おかしな疑いをかけることもなくなるでしょう。
重い彼氏になってしまう男性の多くは、やきもち焼き。
彼女にほかの男性の影を感じると、嫉妬心が芽生え、束縛が激しくなります。

それを防ぐためには、ほかの男性の話はしないこと。あなたにとっては単なる友達、同僚であっても、彼氏からみればライバルの男でしかありません。
彼氏以外の男性の話題は避けましょう。
重い彼氏の多くは、自分に自信がありません。
「ほかの男性に取られるのでは?」「愛情が冷めてしまうのでは?」と常に悪いことばかり考えてしまいます。

そんな彼に自信を与えるためには、あなたが「好き」という気持ちをちゃんと伝えること。

「私はあなたが好き」「気持ちは冷めていないよ」と伝え続けることで、彼は「愛されている」と自信がつき、気持ちに余裕を持つことができるでしょう。
重い彼氏と気づいたら、多くの女性は「面倒だな」「これから付き合っていけるだろうか?」と不安になるでしょう。
重いというと、悪いイメージを受ける人がほとんどです。
しかし、重くなるということはそれだけ愛情があるということ。

好きだからこそ、心配になったり、不安になったりしているのです。
その重さを「愛されている」と捉えることができれば、あなたの受け入れ方も変わってくるのではないでしょうか。
好きな男性と付き合えたと思ったら、「重い彼氏だった」と気づけば、「思っていた人と違った」「付き合うんじゃなかった」と後悔する人もいるでしょう。
しかし、せっかく好きな人と付き合えたのですから、後悔する前に上手に付き合える方法を身に着けてみませんか。

あなたの言動次第、彼も変わってくるかもしれませんよ。

(NaonN/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事