2020.10.27

ケンカして謝らない彼氏に「ごめんなさい」を言わせる方法

男性はプライドが高い性格をしていることもあり、ケンカをしてもなかなか謝ろうとはしてきませんから、ついエスカレートしてしまいがちです。

怒りもヒートアップしてしまい、仲直りできるケンカも収まりが効かなくなり、最悪の場合別れる原因になる可能性もあります。

女性からしてみれば、どうしても謝らないの?何を考えているの?って疑問に感じますよね。

この記事ではケンカして謝らない彼氏に「ごめんなさい」を言わせる方法を紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。
ケンカをすると急に無言になり、何も話さなくなる男性いますよね。全然謝ろうとしないから、ついイラッとすることもあります。

こうした男性はなかなか謝りませんし、言い合いにすらならないので、別れを告げると効果的です。

内心では彼氏も仲直りしたいと考えていますから、急に別れると言われたら慌てますし、すぐにごめんなさいと謝ってくる可能性があります。

ただあまり使い過ぎてしまうと、本当に別れることになりますから、注意してくださいね。
男性もプライドが邪魔をしてなかなか「ごめんなさい」と素直に謝ることができませんから、あなたから仲直りしたいと伝えることです。

あなたから素直に仲直りしたいと言われたら、いくらプライドが邪魔をしていたとしても、「謝らないと駄目だな」と思ってくれるようになります。

彼氏が悪くてケンカをしているのなら、男性から謝るのが普通ではありますが、なかなか素直になれないので、謝りたい状況にする必要があります。

こうすることで上手に「ごめんなさい」を言わせることができますよ。
ケンカの最中だからこそ意地になり、断固として謝りたくないと思ってしまうので、落ち着くまで待つことです。

冷静になることで、俺が悪いことをしたなって感じ取ってくれますし、あなたと仲直りしたいと思えてきます。

時間が経ち気持ちが落ち着いてこれば、彼氏も冷静な判断ができますから、「さっきはごめん」と謝ってくるかもしれません。

ですので彼氏の気持ちがクールダウンして、謝ってくるまで待つようにしましょう。
ケンカをするとどうしてもヒートアップしていくので、つい怒ってしまい説教をしてしまうことでしょう。

しかし男性は怒って説教をされたり怒鳴られたりしてしまうと、話したくないと感じて、逃げてしまったり無言になってしまいます。

なので怒鳴って説教をしたい気持ちを抑えて、何に対して怒っているのか?を教えてあげることが大切です。

そうすることで男性もしっかりと怒っている理由を考えてくれて、俺が悪いことをしてしまったと理解してくれますし、謝ってくれることでしょう。
長年を彼氏と付き合っていることで、お互いの嫌な部分を見てしまったり、直して欲しいと感じる所もきっと出てくるはずです。

そうしたことからついケンカになり口論をしてしまいますが、性格上なかなか謝ることができずに、無言になったり逃げたくなったりします。

冷却時間を設けて、彼氏が素直に「ごめんなさい」謝れる環境を作ることで、変なプライドが邪魔することはありません。

恋愛をしていく以上はどうしてもケンカも付いて回りますから、いかに彼氏を素直にさせるかです。

そうすることでケンカをしても、素直に彼氏から謝ってくるようになるかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連記事