男性の本音!

2020.10.29

男性の本音!長電話について男性はどう思っている?

長電話について、男性は本当はどう思っているの?と気になっている女性も多いですよね。

そこでここでは、長電話に関する男性の本音をご紹介していきます!

電話が好きな女性の方、男性の本音が知りたい方、ぜひ最後まで読み進めてみてください。
長電話に関する男性の本音として多かったのは、「電話の相手による」というものでした。

電話の相手が好きな人であるなら、どうでもいい話やくだらない話でも楽しい、長電話も苦ではないという意見が多かったです。

好きな人となら、むしろ「長電話をしたい」という男性も。

しかしその一方で、相手が好きな人ではない場合は「長電話はめんどくさい」と感じていることが多いようです。

男性の場合、「好きな人」と「好きな人以外」に女性を分けていることが多いので、たった1人の好きな人になることができないと、電話の対応が素っ気なくなってしまうかもしれません。
続いて長電話に関する男性の意見として多かったのが、「話の内容による」というもの。

元々男性は電話を単なる連絡ツールと捉えている人も多く、相手が好きな人であっても、30分以上電話はしないという人もいます。

こういう男性は、電話よりも会って顔を見ながら話したいと考えているのでしょう。

そういうタイプの男性が長電話をするときは、ずばりその電話の内容が必要なものであるから。

たとえば、どうしても今話さないといけないこと(仕事のことなど)であった場合は、たとえ話が長くなってもかまわないと考えています。

とはいえ、仕事のことなどの「用事」があって電話をするときは、用件が済めば電話は終わりますから、そこまで長電話になることもないのでしょう。

また、このタイプの男性が特に嫌う電話の内容は、「愚痴」であることが多いです。

そもそも愚痴は話すほうはスッキリするけれども、聞かされるほうはあまり楽しくはありませんよね。

女性は電話で愚痴を言うことも多いですが、愚痴を聞きたいと思っている男性はいないということを、忘れないようにしてください。
長電話に関する男性の本音を、ご紹介しました。
男性の本音!

関連記事