2020.10.30

彼が「この子が彼女でよかった」と思う瞬間

あなたが好きな男性と付き合っている、彼が「この子が彼女でよかったなぁ」と思ってくれたら嬉しいですよね。彼はどんなときにあなたのことを好きだと再確認するのでしょうか。

今回は男性が彼女のことを見直す瞬間を4つ集めてみました。どれもさりげない瞬間なので、本人は気づかないかもしれません。
いつも頼りがいがあるように見える彼でも、ときには落ち込むことはあります。

たとえば仕事のプレゼンに失敗したとき。張り切って準備をしていたのに、みんなの前で誰もがわかるような大失態を犯してしまい明らかに落ち込んでいます。

そんなときに「誰でもそういうことはあるよ」と励ましてくれる人がいたら、どんなに心強いことでしょう。

彼もそんな優しいあなたに、改めてそばにいてよかったと思うはずです。明るく元気づけてくれると、嬉しいですよね。 
自分が何か失敗したときは慰めてほしいけど、成功したときは一緒に喜んでくれる。

そんな彼女がいたら最高ですね。彼の成功を自分のことのように喜んでくれたら、かわいらしくて仕方がありません。

恋人は一緒にいて、失敗は半分に成功は倍にできる貴重な存在です。
どんなときも感情を共有して、嬉しいことがあったらちょっと大袈裟に喜んでくれる、そんな存在に彼も癒されることでしょう。
男性はとくに大人になると自分が上の立場になることが多いので、本気で叱ってくれる相手が年々少なくなってきます。

そんなときに一番身近な存在であるあなたが、彼が何か間違った行為をしたときに本気で叱ってくれたらそこに愛情を感じますね。

本来叱るという行為は、相手に嫌な感情を産ませてしまうかもしれない行為です。 
しかし相手のためを思って本気でぶつかっていけば、あなたと付き合いしている人でしたら、きっとわかってくれるでしょう。

ただし外見や学歴などどうしようもないことに意見することと、叱ることは全然違います。どうしようもないことで彼を責めないようにしてくださいね。
何か楽しいことがあったとき、誰かと一緒にその楽しさを共有したいと思うのは自然な流れです。
そんなときそばにいてくれて一緒に笑顔で喜んでくれたら「この子が彼女でよかったな」と思いますよね。

自分が元気がないときでも、そばにいてくれる人が笑顔でいたら、自分もなんだか元気が出てきます。相手に元気をあげられるように、自分がご機嫌でいることも大切ですね。
喜びを共有できる相手がいるということは、とても幸せなことです。

悲しいことをあまり相手に共有させていては、相手が負担に思ってしまうことがあるかもしれませんが、嬉しいことなら分かち合いたいと思いますね。

そんなときそばにいてくれると、彼はあなたに安心感を覚えます。 

(ハウコレ編集部)

関連記事