2020.10.31

親友から嫉妬されている?上手な交わし方とは?

親友の彼氏だと気づかずに好きになってしまい、知らないうちに嫉妬されている……ドラマのような展開ですが、実際にけっこうあるんです。

女性同士の嫉妬ほど、ややこしいものはありません。まして、親友が恋敵となれば後々まで影響が出ますし、関係が二度と戻らない可能性もあります。

「親友から嫉妬されている?」と感じたときの上手な対処方法について見ていきましょう。
親友からの嫉妬には、いくつかのパターンがあります。思わぬ嫉妬にも対処できるように、まずは親友から嫉妬されるパターンについてシミュレーションしておきましょう。
典型的な三角関係のパターンです。あなたのほうが三角関係に気づいていてもそうでなかったとしても、親友にとっては「大切な彼を取られた」ということに変わりありません。

ドラマのような泥沼の関係に発展する可能性もありますし、親友のほうがすんなりと身を引いてくれるパターンもゼロではありません。

あなたの対応によって関係が左右されるといっても大げさではありません。
親友にまだ彼氏ができないのに、あなたにだけ彼氏ができる。

これもまた、嫉妬の対象になりやすいパターンのひとつです。

ライバル意識が強く、自己評価が高い女子ほどこの傾向が強く、知らないうちにあなたに嫉妬を燃やしていたりします。

はっきりと口に出さない、というのもややこしいポイントのひとつで、うわべでは普通通りに接しているから平気なんだろうと思っていたら、見えないところで悪口を言われていた……なんてこともよくあります。
親友だからこそ嫉妬されることも、よくあるものです。嫉妬を上手に交わすテクニックについてお伝えしていきます。
親友の嫉妬に気づいているのにいつまでも放置していると、関係がさらにややこしくなってしまいます。

嫉妬の原因をつくったのは事実なのですから、親友に正面から謝ってこれからどうするべきかを考えたほうが得策です。

「好きになったんだから仕方がない」という気持ちもあるかもしれませんが、親友との関係を優先したいなら、潔く身を引くという道もあるかもしれません。
あなたが図太い女性なら、親友の嫉妬を無視することも可能かもしれません。嫉妬には「相手を困らせたい」という心理も含まれているため、あなたのほうがまったく相手にしなければ親友のほうが根負けして、嫉妬をおさめてくれるパターンもあります。

そのかわり、親友を失うことも覚悟しておきましょう。
親友からの嫉妬ほど、恋愛でややこしいテーマはありません。彼氏との距離感や親友の性格を見極めて、できるだけややこしくならない対処法を考えましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事