2020.11.02

実は優しい…?「はっきり物事をいう」男性の特徴って?

はっきりとズバズバ物事を伝える男性に対して、女性からするとなんでこんなにきついのだろう?と考えがちです。
しかし、そんな男性は人のことを考えられる優しい男性と言えるのです。
今回は、そんな男性についてお伝えします。
凄くはっきりキツくいってしまうと言うのは、相手が思っての行動であり、本来はキツくいいたくないけどそのぐらいの気持ちで言わなければといった彼なりの判断があるのです。

小さな子どもに対して間違ったことは叱ると言うのが、親として当たり前といった感情に近く相手を思っての行動といえるのです。
何も考えなければ、人は皆嫌われることが嫌だと思いますし言わないのです。
正義感があり、間違ったことは間違っていると誰に対してもはっきり言いたいタイプの方です。
正義感があるというのはとてもよいことであり、相手にわかって欲しいという想いがあるからこその対応といえます。

正義感は、もっていてもなかなか表に出すことができない感情であり、それがわかるということはそれだけ相手が目に見えた行動をしているという意味なのです。
どっちなのかわからないといったグレーゾーンを嫌うタイプの男性であり、周りからも堅いタイプと思われがちです。
いわゆる真面目という言葉がこんな彼にはあっているのです。

しかし、真面目で堅いというとあまり人が寄ってこないイメージがありますが実はそのようなことはなく、ふざけるときはふざけるといったオンオフをきっちり持っている方のため、人からの信頼度はとても厚いタイプと言えます。
言い方がきついと感じる人が皆とても冷たいと感じる悪い人なのか?と聞かれたらそれは違います。
とても暖かい人であり、相手は優しさの塊でしかないのです。

心に響くのはとても優しいなと思う感情があってのことですし、ただキツイ人というだけでは決して人は耳をかたむけることはないのです。
その人の感情や愛情が伝わるからこそ、皆が耳を傾けそして愛情の虜となってしまうのかもしれません。
この人悪い人ではないけどはっきり物事を言いすぎるなといった感情を持ったことがある人もいるかもしれないですが、その方に対して嫌いという感情を抱いた方は少ないはずです。

人は愛情をもって接することで人に伝わるものがありますし、もちろん人のことを考えてるからこそできる優しい人なのです。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事