2020.11.10

結婚に踏み切れない男性の本音……誰にも言えない気持ちを知ろう

付き合いも長いのに、なかなか結婚しない彼は何を考えているんだろう……と不安になっていませんか?
このまま結婚の話が進まずに、ずっと独身なの?周りが結婚しているのに……と考えれば考えるほど滅入ってしまうことでしょう。

男性が結婚に踏み切れないのは、男性ならではの本音が隠れているようですよ。
男性の本音を知って結婚のアプローチをちょっと変えてみませんか?
女性からすると信じられない話ですが、結婚することで友達と遊べないぐらいなら、まだ結婚したくないと思っている可能性もあります。
男性は女性と違い子供を産むなど結婚に対して年齢を感じるシーンが少ないため、結婚はどうしても後回しになりがち。

妊娠・出産がある女性の場合、結婚に関してシビアに考えますが、男性はシビアに考えないことも……。
結婚に踏み切れない男性の場合は、とにかく十分遊ばせるのが特効薬。周りも結婚して行くとそろそろ自分の番なのかな……と思い、結婚に踏み切ることが多いようです。
彼女のことは好きだけど、本当に結婚しているのか迷っているケースもあります。
例えば自分の収入面や仕事の安定であったり、家族を持つ責任があるのかと、自問自答しているケースも。

この場合、彼女がどうこういうよりは彼自身の経済力が原因のことが多い!
そのため、収入面でプレッシャーをかけるないのはポイントのひとつ。
ひとりで頑張らなくてもいいんだなと肩の荷が下りると、結婚に踏み切る男性もいます。
ちょっとショックなお話ですが、彼女を結婚相手として見ることができないパターンもあります。

彼女と一緒にいるのは楽しいけれど、奥さんとして存在していることが想像できなかったり、家庭を任せることができないと判断している場合、結婚に踏み切れないケースもあります。

この場合、彼が安心して家庭を守ることができる女性像を聞く必要がありそうです。
彼がどのような女性に家庭を任せたいのか、奥さんとしてどういてもらいたいのかが分かると、何をしていいか明確なものが見えてくることでしょう。
結婚適齢期なのに結婚に踏み切れない男性は、自分のこと、彼女のこと、お金のことなどたくさんのことを考えて結構を踏みとどまっているケースが多いです。

もし結婚したいと思っているのに、彼がなかなか応じてくれない場合は、どこに不安があるのか聞いてみるのもよいでしょう。

感情的に聞いてしまうと、結婚をしてもらえないことで駄々をこねている人になってしまうので注意したいところです。
彼の本音を知って、結婚に矢印が向くようにふたりで力を合わせて頑張っていけると良いですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事