好きな人に意識させる!

2020.11.14

好きな人に意識させよ♡【恋愛に効果抜群の香り】って?

恋愛心理において香りはとても重要で、香りを上手く利用すれば今の恋愛が上手くいく可能性があります。また、香りにも色々な種類がありその匂いによって相手に与える印象がガラッと変わります。

恋愛において効果抜群で、更に好きな人に意識させるような香りとはどのような香りなのでしょうか。
香りは相手に印象を残してくれます。香水や柔軟剤などの良い香りは相手の脳と記憶に残ります。そうすることで会っていない時にふとした瞬間にその香りと一緒に、相手のことを思い出します。会っていなくても香りで自分のことを思い出させることができます。

恋愛において顔や声、耳や目などからの情報も大事ですが、香りも恋愛において重要な要素の一つなのです。
街中に出かけた際や、どことなく出かけた場所でふと香りを嗅いだ際、その香りに関する思い出がよみがえるといった経験はありませんか?香りを嗅ぐことによってそのときの記憶がよみがえることを「プルースト効果」といいます。

フランスの小説家マルセル・プルーストの小説に出てくる主人公がマドレーヌを浸した紅茶の香りを嗅いだら幼少時代の記憶がよみがえるという描写がありました。この描写から、ある特定の香りを嗅ぐことでその香りに関係する記憶がよみがえることを「プルースト効果」と呼ばれるようになりました。
イランイランの香り昔から恋の媚薬として使用されてきました。しかもイランイランの香りには男性を魅了する効果があることが科学的にも立証されています。イランイランはフィリピンやインドネシアに咲く花で、ホルモン活性化やリラックス効果、催淫効果があります。

イランイランは男性ホルモンのテストステロンを刺激してくれる効果があり、このテストステロンが刺激されると女性が普段より魅力的に見える効果があります。あの世界三大美女の一人、クレオパトラもイランイランの花を使っていたそうです。
シトラス系の香りのヴァーベナは「恋のハーブ」と呼ばれており、その昔魔女が薬に入れて想いを寄せる人の気を引いたという言い伝えがあります。実際にヴァーベナは異性に対して恋に関する感情をもたらす効果があると、化学的にも立証されています。

他にもハーブティーにもよく使用され、リラックス効果や疲労回復効果があり、睡眠前に使用することもあり、多種多様な場面で使用することができます。

香りを上手く利用して恋愛を進展させよう!
香りを上手く利用すると、恋愛を上手く発展させてくれる可能性があります。恋愛は声や目、耳なども重要になりますが、香りも重要になります。プルースト効果を上手く利用することで、今の恋更に発展するかもしれません。

今回紹介した香りのほかにも、恋愛に効果が期待されている香りはいくつか存在しますので、自分に合った香りを付けましょう。ただし、付けすぎには注意しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事