2020.11.29

私のこと好き...?彼氏の【愛情が冷めた】ときのサインって?

彼氏がなんだか最近冷たい感じがすると、悩んでいる人はいませんか?

このようなときに思うのが、もう彼氏の愛情は冷めてしまったのではないかということです。

しかしそれはあなたの勘違いかもしれません。とはいえ、本当に気持ちが冷めている可能性もあります。

そこで今回は、彼氏の愛情が冷めたときのサインについて紹介していきます。
彼氏が積極的に会ってくれる回数が極端に減った場合、愛情が冷めている可能性があります。

付き合いが長くなっていくと、会う回数や連絡の頻度が減っていくのは自然なことです。

これは愛情が冷めたというわけではなく、落ち着いたということですので別れのサインとはいえません。

しかしこれまでは週に1回程度は会っていたのに、急に1ヶ月に1回しか会ってくれなくなったというように、極端に会う回数が減った場合、気持ちが冷めている可能性があります。

もしかしたら他に好きな人ができてしまい、彼氏はその人のことを頭がいっぱいなのかもしれません。彼氏に真意を問いただしてみましょう。
彼氏の愛情が冷めたときには、急にお金を使わなくなります。

いつもはおごってくれたり、デートに連れていってくれたりした彼が、食事に行かなくなったり、おうちデートしかしなくなったりするのです。

男性がお金を使うのは対価を得られるからです。

彼女にもっと愛されるためであったり、ケチな人間だと思われたくなかったりするため、彼女のためにお金を使います。

しかし気持ちが冷めてしまうと、彼女から得られる対価を欲しいとは思わなくなります。つまり、嫌われてもいいと思っているのです。

気持ちが冷めると急激にお金を使わなくなるため、最近彼氏をケチだと感じたら注意しておきましょう。
好きな人と一緒にいると、自然と表情豊かになるものです。一緒にいれるだけで楽しいため、意識していなくても自然とそうなります。

一緒にいることに慣れていくと、少し表情もおとなしくなっていきますが、まったくないということはないでしょう。

そのため、一緒にいるのにほとんど表情が変化しない場合、気持ちが冷めている可能性があるのです。

しかし元々表情がないという人もいるため、あくまで注意してみておくポイントは、以前との表情の変化です。間違えないようにしましょう。
彼氏が以前と態度が違うと感じたら、やはり女性としては心配になってしまいます。

しかしそれが長く付き合ったことによって誰の身にでも起きることの場合もありますし、本当に愛情が冷めていることもあります。

もしも愛情が冷めていた場合、これ以上付き合っていても苦しい思いをするだけですので、今後のことを真剣に考えてみましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事