2020.11.29

やっぱりスキだなあ...♡男性が惚れ直す女性の【気づかい】って?

男性は一般的に、「いいな」と思ったときから惚れ直すことは少なく、マイナス式で女性を評価しているようです。そんな男性に会うたびに「好きだな」と思わせることができれば告白してもらえるかもしれないし、カップルだと別れることは少なくなります。

今回は、この知らなければ難しくて、知っていれば簡単な気づかいをご紹介していきます。

 頼ってもいいけど頼りきりにならない
男性は基本的に、女性に頼られたい性格をしています。頼られると「嬉しい」「守ってあげたい」などの感情になります。

しかし、頼りっぱなしになり依存されると男性にとって「重たい」と感じる女性になってしまいます。

愛されたり、惚れ直すことができる女性は彼に甘えながらも自立することができて、強がっている彼を「支える」事ができます。なので、バランスを考えて「甘える」と「支える」を使い分けてください。
これは、女性だけではなく男性にも共通していえることですが、友達関係や恋人関係になり、親しくなってくると「ありがとう」という感謝の言葉を言えない人が多くいます。

人とのコミュニケーションの基本で、最初はできていたのに慣れてしまうとおろそかにしてもいいと勘違いする人も多いようです。

しかし「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、親しいからこそ礼儀を忘れてはいけません。さらに男性は自分がしてあげたことに「ありがとう」と感謝をして喜んでくれる女性に強く惹かれます。

照れくさくて「ありがとう」を言えない方も多くいるようですが「ありがとう」の一言だけで彼も幸せになり、しかも恋愛が長続きするポイントになるので試してみてください。
部屋などのふたりきりの場所でイチャイチャ、べたべたくっつくのは誰にも見られていないので恥ずかしくないですが、それを公共の場でもされると「恥ずかしい」と感じる男性がほとんどです。

彼の事が好きすぎてべたべたしてしまう気持ちはわかりますが、「男性の気持ちも考えてほしい」「ふたりきりになった瞬間に甘えてくる女性はモテる」などの意見もあります。

なので、彼の気持ちを察して行動するようにしましょう。
 
男性が女性にマイナスだと感じる一番の行動は、「おごられて当然だと思っている女性」です。この意見が一番多くあり、おごられることは当たり前と考えている女性も多くいるようです。

しかし、お会計のときに財布を当たり前のように出さなかったり、割り勘など、ちょっとでも出させようとすると嫌な顔をする女性は、本当に冷めてしまうようで、「何様つもり」だと感じます。

昔の男性はおごることが男の誇りと考えていましたが、現在は男女関係なく対等でいたい男子が多くいるため、おごられることは当たり前ではないという考えにしてください。
今回は、男性が女性の行動や言動に惚れ直すきっかけとなる気づかいについてご紹介してきました。技術や努力がいるわけではなく、少しの行動や気づかいをするだけで、男性から惚れ直してもらえます。

今回紹介したポイントを意識して「また好きになった」「居心地がいい」と感じてもらえるようにしていきましょう。

そうすれば、長続きもしくは結婚まですることができて、幸せな家庭を育むことができるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事