2020.12.02

恋に落ちるのは一瞬♡!【好きだと気付く】のはどんな時?

恋というのは「気付いたら好きになっていた」という始まりがいつかも分からないほど曖昧なものです。確かに恋に落ちた瞬間はあるはずなのに不思議なものですよね。

では、どんな時に「好き」という気持ちに気付くのでしょうか?色々な好きだと気付く瞬間をまとめてみました。
気付いたら頭の中はその人でいっぱい、いつもその人の事を考えている時「好きかも」と気付くことが多いようです。自分では意識していなくても、「あの人は今何をしているのかな?」「あの人はどんな人が好きなのだろう」など考えてしまいます。

好きだと自覚すると、更に頭の中はその人でいっぱいです。いつから好きなのか分からないけど、考えることがいつもその人のことなら、もうその人を好きなのでしょう。
なんとなくいつも目で追ってしまう、その人の姿を無意識に探してしまう、そんな自分に気付いた時「好き」という気持ちにも気が付きます。その人を見ているだけで幸せを感じたり、姿が見えないと悲しくなったり。

好きな人の存在は、そこにいてくれるだけで力になります。毎日見ているだけ、それだけでも幸せを感じますよね。
今日は目が合った、少し冷たくされた気がするなどその人の行動であなたの気持ちが一喜一憂していませんか?その人の自分に対する態度次第で、気持ちが変化しているのに気付いた瞬間「好き」と気付きます。

相手の存在が自分にとって、気持ちをも動かすほど大きな存在になっているという証拠です。

「もしあの人と恋人になれたら…...?」と考えてしまう瞬間「好き」という気持ちに気が付きます。自分がその人の恋愛対象なのか気になったり、今恋人はいるのかと心配になったり。好きという気持ちがあるからこそ、恋人だったらという想像をしてしまうのです。

「もしこうだったら」という自分に都合のいい想像って楽しいですよね。好きな人と付き合うことができるのは奇跡に近い素晴らしいことです。いくらでも想像して楽しんじゃいましょう。
気付いた時には恋に落ちていたというのが恋の始まり。好きだと自覚した時にはすでにもう恋に落ちているのです。いつから好きなのか?などは考える必要はなく、好きだと気付いた瞬間から恋は始まっているのです。

好きな人がいるって素敵なことです。好きな気持ちに気付いたこともまた素敵なことです。好きな人を好きだと思う気持ちを大切にして下さいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事