2020.12.05

ダメ男製造機と言われる!ダメ男にしない4つの方法は?

付き合う人や、好きになった人をダメ男にしてしまう自分がいませんか?そんなつもりがなくても、気付いたら皆ダメ男になっていたという人もいるでしょう。

「ダメ男にはもう関わりたくない!」「次の人はダメ男にしたくない!」という気持ちにもなりますよね。

男性は育てることができるため、ダメ男にしない方法について紹介します。
好きな人や彼氏のことを見ていると、自分にできることは全てやってあげたい気持ちになりませんか?そのため、何でも手を貸してしまうようになるのです。

そんなことをしていると、「これはやってくれる。」「これも置いておけばやってくれるだろう…...」と相手がどんどんあなたに自分のことを押し付けてくるようになります。

ひどい場合は、「働かなくてもいいかも!」と勘違いさせてしまいダメ男ができあがるので注意してください。何でもやってあげるのではなく、違う方法で愛情を伝えましょう。
ダメ男を製造する人は、男性に対して子供みたいな接し方をするところがありますよね。「私がいないと…...」「この人何もできないから...…」という気持ちが強くなるのです。

しかし、相手は大人です。「大人なんだから自分でできるのが当たり前。」という気持ちを持って接してください。何もできないなんてことはありません。

子供を見るような目線をやめ、大人として向き合うことでダメ男を製造しないようになれますよ。
自分のやっていることを時々客観視してください。お世話しすぎていないか、相手をダメにする行動をしていないか立ち止まって考えてみましょう。

一日の終わりに、「今日の私はどうだったかな?」と一人で反省会を開いてみるのもおすすめです。自分で客観視できるようになると、自分をセーブすることもできるようになりますよ!

ダメ男を製造してしまう人は、周りから色んなことを言われることでしょう。「そんなんだからダメなんだよ!」「それじゃダメ男になるよ!」などのように言われたことはきちんと聞いたほうがいいですよ。

色々言われるとイライラして「他人なのに…...」「何も知らないのに…...」と思うこともあるはずです。しかし、周りからの忠告が一番の客観的意見でもあるので、あなたにとって大事なものと思ってくださいね。

周りの忠告が聞けるようになったら、あなたは中身から変わることができていい恋愛をすることができるようになるでしょう。
ダメ男は育てても何も意味がありません。嫌な思い出ばかりが残ってしまうので、ダメ男を育てないように自分が変わりましょう。育てるなら素敵な男性にしてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連記事