彼女の手料理

2020.12.06

これでカンペキ!男性が【彼女の手料理】を食べたいと思う瞬間って?

一緒に暮らしていない限り、彼に料理をふるまう機会はあまりないですよね。作ってあげたいと思いながらも、タイミングがなく、いつもデート中に外食してしまうなんてカップルもいるでしょう。しかし彼女の手料理を食べたいと思っている男性もいることでしょう。

そこで、一人暮らしの男性が、彼女の手料理を食べたいと思う瞬間についてご紹介します。どういった時に彼が手料理を食べたくなるのかを知って、そのタイミングで作ってあげましょう。
風邪をひいたときや、体調がすぐれないときに、彼女の手料理を食べたくなる男性は多いです。調子が悪いので、脂っこいものなどは食べたくありません。おかゆやうどんなどの優しいものを彼女に作ってもらいたいと感じます。

体調がすぐれないときは、心も弱っています。誰かにそばにいてほしい思いが、いつもよりも強くなります。そんなときに、彼女がご飯を作って、一緒に過ごしてくれたら幸せなのにと感じるのです。
仕事が遅くまで続いて、疲れて帰ってきたときに、彼女の手料理が食べたくなる男性もいます。普段自炊している男性でも、疲れて帰ってきたときはご飯を作る気力が出ません。そんなときに、彼女がご飯を作ってくれたらと感じます。

帰ってきて、彼女の作ったご飯を一緒に食べれたら幸せだなという妄想をする男性もいます。その思いに突き動かされて、彼女にプロポーズを決めたという人もいるくらいです。疲れているときに、誰かの優しさを感じたいと思う男性は多いです。
会社の飲み会や友達とのご飯会などで、外食が続いたときに、彼女の手料理が食べたくなる男性もいます。外食ばかり続くと、濃い味の外食ご飯より、家庭的な手料理を食べたくなるものです。その時に彼女の料理の味を思い出し、恋しくなるのです。

彼女の料理の味付けが好きという男性は、この傾向が強いです。何日かに一回は彼女の料理が食べたくなるなど、ふとしたときに以前作ってもらった料理を思い出し、また作ってもらえないか考えてしまうのです。
彼女に家に遊びに行ったり、彼女が自分の家に遊びに来た時に、料理を作ってほしいと思う男性も多いです。普段は外食デートでも、せっかく家でデートするなら、手料理を食べたいと思います。キッチンを好きなように使っていいから、作ってくれたら嬉しいと感じます。

彼の家に遊びに行ったときに、食事時なのにどこにも出かけるそぶりがないのであれば、「作ろうか?」と聞いてみるといいでしょう。作ってほしかった場合、とても喜んでくれることでしょう。
彼に料理を作ろうと思っても、普段料理をしない人であれば、いきなり作るのは難しいです。

そこで、いつその時が来ても作れるように、料理の練習をしておきましょう。美味しい料理を作って、彼と楽しい時間を過ごしてください。
(ハウコレ編集部)

関連記事