2020.12.16

告白はやっぱり直接?【今どきの告白パターン】をご紹介!

好きな人ができたらずっと陰から姿を見つめているだけではなく、最終的にはやはり付き合いたいものですよね!

しかし、意中の相手と付き合うためには、自分から告白しなければならないことも多いはずです。

もしも告白をするのなら成功したいけれども、どうやって告白をすれば良いのかわからないという方も多いことでしょう。

そこで今回は、今どきの告白パターンを3つご紹介していきます。
初めての告白で直接言うかどうか迷っている方は、どの方法が一番相手にとって良いのか参考にしてくださいね。
「告白と言ったら直接!」とよく言われるほど、今も昔も告白パターンのド定番である方法です。

学校帰りやデート帰り、待ち合わせをした特別な場所やいつも行く公園など、思い入れのある場所で直接会って告白をするという方は多いものです。

直接告白すると、「好きです」という言葉だけでなく、声や表情、視線や体温など、直接だからこそ相手に伝わる要素が多いため、総合的に真剣さが一番伝わる方法です。

自分の気持ちをストレートに伝えやすいため、相手も真剣に受け止めてくれます。
しかし、緊張し過ぎでうまく言葉が伝わらなかったり、万が一ダメだった時の気まずい雰囲気をダイレクトに味わってしまうという難しさもあります。
直接会うのは難しかったり、好き過ぎる恥ずかしさから顔を見て素直に「好き」と言えない方に多い方法が電話での告白です。

直接ではないため、相手の表情や視線を感じることはできません。
しかし、電話越しに伝わる声のみという状況が、相手の言葉や声色に対して通常よりも集中することになり、直接の告白とはまた違ったドキドキ感を相手に感じさせることができます。

相手によっては「直接告白されたい」という方もいらっしゃいますが、電話での告白は他にも効果的なポイントがあります。

電話であれば深夜にかけることができるため、残業帰りや飲み会帰り、眠気が襲ってきている時などの素が出やすい時間帯に告白が可能です。
このような時は人肌恋しさを感じていることが多く、告白しやすい時間帯でもあるのです。
直接や電話での告白は緊張してしまうし、一度きりしかできないから失敗したら怖いと思っている方は多いでしょう。

また、どうしても相手に時間を取らせる必要があるため、タイミングが難しいと感じている方もいます。

そのような場合は、LINEやメールと言った文章での告白がおすすめです。
口下手で思ったことがすんなりと言葉に出ない方でも、何度も真剣な想いを文章にしたためて満足のいく告白をすることができます。

下書きで練習すれば「どうすれば想いが伝わるのか」「変な言葉になっていないか」などを試行錯誤してから本番にのぞむことができますよね。

しかし、長文になりすぎたり文章だけでは真剣さが伝わり切れなかったりする可能性もあるのが難点です。
今回は今どきの告白パターンを3つご紹介しましたが、納得のいく方法はありましたでしょうか?

やはり直接の方が気持ちをストレートに伝えやすいものですが、相手の都合や普段の2人の関係性などを考慮して自分が悔いなくしっかりと想いを伝えられる方法が一番です。

しっかりと下準備をして、満足のいく告白シーンを迎えてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事