2020.12.18

好きだけど恥ずかしい!【愛情表現】の伝え方って?

 
付き合っている恋人に対して、毎日「好き」と言葉にして伝えているカップルのいれば、なかなか「好き」という言葉が言えずに、恥ずかしがっているカップルもいるでしょう。一番伝わりやすい愛情表現ですが、なかなか伝えれない事もあります。
 
「好き」という言葉が恥ずかしくてなかなか伝えれない女性は、受け身な女性かかなりの恥ずかしがり屋に多くいます。男性はなかなか言葉にしないので、本当に好きなのか気になっているようです。今回は、愛情表現が上手ではない女性についてご紹介していきます。
 
好きだという言葉を言われるのは嬉しいけれど、自分から言うことはあまりなく、声に出して「好き」とは言いたくないと考えている女性は多くいます。言葉に出すのが恥ずかしすぎて、直接的に言いたくないようです。
 
愛情表現が上手な人でも、何かあった時くらいしか「好き」という言葉を使うことがない方も多くいます。恥ずかしいと感じているかもしれませんが、男性は「好き」だと言われるとかなり嬉しくなるようです。
 
タイミングをうかがって「好き」だと伝えることも希少感が出て良いかもしれませんが、常日頃から「好き」だと女性から言われることによって、「自信」「離れたくない」という気持ちになるかたが多くいます。
 
自分からは「好き」という言葉を言わないので、彼氏から「俺の事好き?」と聞かれると自然に「好き」だと伝えることが出来るという方もいるでしょう。
 
彼の方から愛情表現をしてくれると自然に甘えるということは、わがままなことだと分かっていても、彼に求めてしまうようです。
 
話し合いをしている時や、喧嘩をしている時に、彼に対して「好き」という言葉が言えずに、彼の事を不安にさせてしまっているという方も多いのではないでしょうか。
 
彼のことが大好きなのに、不安にさせてしまっているので、そんなつもりではなくても言葉にしないと伝わらない事がよくあります。
 
好きという気持ちがお互いにあって、大丈夫だと過信していると、言葉として聞けていないので不安に感じることがあるようです。普段言えないからこそ、喧嘩をした後等に「好き」だと頑張って伝えてあげてください。
 
自分から好きだとは言えないので、彼から「好き?」と聞かれてほしいという女性は多くいます。恥ずかしすぎてはっきり「好き」ではなく、「うん」としか言えないけど、その言葉が精いっぱいの愛情表現だという方もいるようです。
恥ずかしがりやな女性は、自分の気持ちを表現することに抵抗があって、一目見ても気持ちが伝わりにくいですが、きちんと心の中では愛情でいっぱいになっている場合が多いようです。
 
「好き?」と聞かれるということは、彼は女性の口から「好き」という言葉を聞きたがっているということになります。彼の事を喜ばせるためにも勇気を振り絞って言葉にしてみてください。
 
今回は、愛情表現が上手ではない女性についてご紹介しました。恥ずかしがりやな女性は、気持ちを伝えることが苦手なので、気持ちを汲み取って欲しいと考えています。
(ハウコレ編集部)

関連記事