2021.01.16

本性が出た?【結婚向きじゃなかった】と感じる男性の特徴って?

結婚して幸せな家庭を築いていこうと思っていたけれど、それは夢幻だったと感じている女性もいますよね。こんなつもりじゃなかったと後悔している女性もいるのではないでしょうか。

結婚生活が満足していない要因の一つに、旦那さんへの不満があります。結婚してから急に本性を出してくる男性がいるのも事実です。そこで、結婚した女性がこの人は結婚向きじゃなかったと感じる男性の特徴について紹介します。

結婚前の女性や、恋活をしている女性は要チェックですよ。
実際は家のことを何もやらないにも関わらず、外面だけはいいので周りの人からはいい旦那さんだと思われる男性は、結婚向きじゃないです。家のことを何もしたくないけれど、人からは良く思われたいという男性に多い特徴です。

家事や育児に対する当事者意識が少ないので、お手伝い程度にしかしません。言われたら一応やるけれど、自主的には動くことはありません。ゴミ出しなどをしている姿をみられると、さも自分は家事を率先してやっているかのような素振りを見せるのです。
結婚したんだから嫁は嫁ぎ先を優先すべきと考えている男性は多いです。そのため、旦那の実家には頻繁に顔を出そうとするけれど、嫁の実家には年に1回顔を出せばいい方と考えています。こういった旦那さんは結婚向きではありません。

どちらも親族なのですから、平等にするべきだというのが今のスタイルです。自分の親族だけ優先しろというのは、時代遅れなのです。お歳暮やお中元も自分の実家だけ良質なものを渡そうとするなど、一緒にいて嫌な思いをすることが多くなります。
妻のことを褒められても謙遜することが多いですよね。それが付き合い方と言われればそうなのですが、謙遜されると貶されている気がして気分はよくありません。謙遜でもそういった思いを感じるのに、あえて人前で貶してくる男性は結婚に向いていません。

モラハラ気質のある男性に多いのですが、人前で辱めることによって奥さんをどんどん追い詰めていきます。奥さんが周りの空気を気にして怒らないようなタイプだと、だんだんとエスカレートしていくのです。
自分が偉いと勘違いしているのか、上から目線で物事を言う男性も結婚には向いていません。妻が専業主婦であろうとパートであろうと立場は同等なのです。それにもかかわらず、「誰のおかげで生活できているんだ」などと言った発言をしてきます。

生活の基盤である家事をして、ご飯を作ってくれていることで、自分が不自由なく仕事に行くことにできるという想像力が欠如しているのです。お金を稼ぐことだけが偉いと思っているので、働いていない奥さんは自分に尽くすのが当たり前だと思っているのです。
結婚前に紹介した特徴を現していれば、結婚に関して考えることができます。しかし、結婚したとたんにダメになる男性もいるのです。

そういった男性と結婚した場合、根気よく教育していくしかないでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事