2021.01.15

どういうこと?楽しくなさそうなのに【またデートに誘う】理由って?

 
男性と、初デートしたときに、楽しくなさそうな反応を、していたにも関わらず、デートが終わってから、また、デートの誘われたり、メッセージアプリで、「楽しかったです」などのような連絡が来ると、「え?どういうこと?」と反応に困ります。
 
デートしている時は、あんなに楽しくなさそうにしていたのに、なぜか、2回目のデートに誘われたことがある方もいるでしょう。今回は、楽しくなさそうにしていたのに2回目のデートに誘われる理由を、ご紹介していきます。
 
出会いが無くなってしまうと、友人に紹介してもらう機会もあるでしょう。実際にデートをしてみると、ほとんど何も話さず、顔も見てくれないままデートも、終わってしまったことが、ある方も、いるのではないでしょうか。
 
全く顔も、見てくれずに、話も盛り上がらなかったのに、帰ってからの、メッセージで、もう一度デートに誘われて、困惑した方も、いるでしょう。
 
デートの時に、話すことが出来なかった理由として、意外にも多いのは、男性にとって、自分がタイプ だったため、緊張してしまい、話せなかったということです。誰しもタイプの人を前にすると、緊張するので、誤解を招いてしまうのは、仕方ないことかもしれません。
 
知り合いや、友達の中に、上手に笑うことが出来ない方も、いたことがあるのでは、ないでしょうか。感情を表現することが、あまり上手ではなく、楽しんでいるのか分からないという方もいるでしょう。
 
感情が、顔に出ないため、女性からすると、「楽しくなさそう」と、判断してデートが、上手くいかないことも、あるようです。
 
楽しんでいるのに、表情として現れない方も多いでしょう。初めてデートした方からは、分からないので、もう一度デートに誘われても、「なんで?」となってしまいます。実際に、距離が、縮まらないと分からないので、大変かもしれません。
 
デートした時に、つまらなさそうにしていて、2回目のデートでもつまらなさそうにしていたため、「なぜ誘うのか」直接聞いたことがある方も、いるのではないでしょうか。 
 
楽しませようとも、楽しもうともしていないのに、デートに誘ってくる方は、暇つぶしに誘ってくることが、よくあります。
 
暇つぶしに、自分の時間を使われていたとすると、怒ってしまうのは当然です。デートする時間があったら、自分磨きも出来るので、もっといい男性と出会えたかもしれません。
 
どこからどう見ても、デートがつまらなくて、男性も、つまらなさそうにしていたのに、二回目のデートに誘われる意味が分からなくて、不思議に感じている方も、いるのではないでしょうか。
 
「気を遣って」「本当は好み」などのような、甘い考えなら良かったですが、彼女が居たという実績を、残したかったという理由の場合も、あるようです。さすがに怒っても仕方がありません。彼女が出来ないのは、そんな考えをしているからです。
 
まとめ 
今回は、楽しくなさそうにしていたのに2回目のデートに誘われる理由を、ご紹介しました。男性の本性を探ってみて、デートに応じるようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事