2021.01.14

忘れられない…「元カレへの未練」を感じて辛くなる時4つ

未練を感じて、一日の中で何度も辛くなることがありませんか?
気持ちもどんどん落ちてきて、普通に恋愛を楽しむことができなくなるでしょう。

自分でも「どうにかして前を向きたい!」と感じても、恋愛のことを考えると辛くなるばかりですよね。
こういうときは、どんな時に辛くなるのかを把握しましょう。

辛くなるときが分かれば、自分の中での苦しさを解決するきっかけになるかもしれません。
相手と付き合っていたときの写真がスマホに残っていませんか?また、部屋にツーショット写真が残されていませんか?そういう写真が目に入るほどに辛くなりますよね。

なぜなら、まだ心に思っている相手と過去の自分がラブラブだからです。写真の中にいる過去の自分が羨ましくて仕方ない気持ちにもなりますよね。

「どこで間違えたかな?」「この時はよかったのに…」と思うと辛くてたまらなくなるでしょう。思い出の写真は早めに処分するか見えないところに隠したほうがいいですね。
「私だけこうやって思っているのかもしれない」「相手はもう新しい恋をしているのでは?」「もう彼女ができたりして…」などのように妄想すると辛くて苦しくなるでしょう。

何も事実ではないし、思い込んでるだけのものですが、そう思えてならないときもありますよね。
また、こういう妄想は一度始めると止まらなくなるものです。

だからこそ、苦しくなって涙が出ることもあるのです。「今は妄想でも現実になることもある」と思うときついですよね。ただ、見えない妄想はしないようにしましょう。
もう未練を持ってもしかたないと思い、自分でも前に進むために出会いを探すことがあるでしょう。
そんな時、出会いがないわけではないものの、会う人会う人が前の相手を超えられない場合辛くなりませんか?

「私比べているんだ…」「まだ忘れられないんだ…」と未練がましいことに気付きますよね。また、「もうあの人以上には出会えないんだ…」という絶望も感じるでしょう。

どうしても前の人がいいと思うのに、どうにもならないため苦しくて辛くてたまらないのです。
仕事をしていても、夜寝ようとしていても、朝起きた瞬間にも何をしていても相手のことが頭の中にいると辛いですよね。
完全に相手を思って生きているのが自分でも分かるでしょう。

ここまでくると、「何をしても辛い」「普通に生きているだけでもきつい」と感じる可能性もありますよ。友達といるときでさえ、相手のことを考えたりしませんか?

未練は簡単に切ることができませんが、しがらみに気付いて離れられなくなると辛いだけになりますよね。
未練で辛いときは「自分だけがこんな風になってる…」と思ってしまうでしょう。しかし、未練が残る恋愛ってありますよ。きっと乗り越えられるので辛くなっても踏ん張ってくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事