都合のいい女

2021.01.19

本命を死守したい!【都合の良い女】にならないコツって?

恋愛するたび、男性の良いように扱われているなぁとか、遊ばれているのでは?と心配になることはありますか?もしそうだとすると、あなたは「都合の良い女」になってしまっている可能性があります。都合の良い女を卒業して、男性から真剣になってもらえる女性になるための4つのヒントをお伝えします。
デートの約束の日に仕事が入ってしまった。そんなことになっても彼に「仕事が入っちゃったから仕事に行ってもいい?」のような許可を取るのはやめましょう。許可を求める行為は、主従関係を作ってしまいます。あなたはこの先ずっと彼に従わなくてはならなくなります。「仕事が入ったので、デートの日を替えてほしい。ごめんね」と言えばokです。
彼への思いが強すぎて、周りが見えなくなると、彼は二人の関係において優位に立ってしまいます。ここでも主従関係が発生してしまうのです。男性は、あなたの好意を利用して自分に有利に事を進めるかもしれません。
好きだという気持ちを全面的に出すのもいいですが、恋愛には駆け引きも大切です。メッセージ攻撃している女性は要注意です。
あなたに用があるのに、彼があなたを突然呼び出したり、無理なお願いをしたりする場合は、遠慮なく断りましょう。「いつでもいうことを聞いてくれる人=優先させなくてよい人」と思われてしまいます。時間つぶしに利用される可能性もあります。「ノー」と言える勇気を持つことは大切です。

あなたが次回フォローアップすれば大丈夫!あなたが1回や2回「ノー」と言ったからといって、彼があなたを嫌いになることはありません。万一それで嫌いになるような彼なら、本物の恋ではないのでしょう。
彼の決めたサイクルにあなたが合わせる必要はありません。あなたはあなたの生活をすることが大切です。だから深夜に電話がかかってきても、メッセージが送られてきても、それがあなたのサイクルでないなら、応答しないでおきましょう。あなたが応答し続ければ、彼はそれを習慣にするかもしれません。
翌朝電話をかけなおせば大丈夫ですよ。
彼に「ノー」と言えないのは、おそらく嫌われることを恐れているからでしょう。でも安心してください。男性は自分というものをしっかり持った女性に憧れます。男性の言いなりになって「簡単なターゲット」にならないでください。そして、男性に真剣になってもらう方法を学んで、同じ悲劇を繰り返さないようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事