2021.01.19

ありがた迷惑かも...【彼氏の料理】が美味しくない!どう伝えればいい?

「料理が得意な彼氏」がいれば、周囲からも羨ましがられそうなものですが、肝心の料理の味がおいしくないとなると話が変わってきます。

彼氏がせっかく作ってくれた料理にケチをつけてしまえば、機嫌を損ねてしまうかもしれませんし、ケンカになってしまうかもしれません。

彼氏が自信満々だと、料理の味をなかなか否定しづらいものですが、このようなときいったいどうすれば良いのでしょうか。
彼氏の作る料理がおいしいとは言えず、そのことをなかなか指摘できない場合、一緒に料理をしてみると良いです。

一緒に料理をすればあなた好みの味にすることができますし、自分の好みの味を彼に伝えることもできます。

彼が自信満々でおいしくない料理を作るということは、あなたと味の好みが合わないということでしょう。彼にとってもおいしくないものであれば、彼は自分で気づきます。

自分好みの味を伝えれば、今度はその通りに彼が料理をしてくれる可能性があるため、一緒に料理することで問題を解決できる場合があるのです。
彼氏が自信満々というところもあるため、はっきり「おいしくない」と言ってしまえば、ケンカになってしまうかもしれません。そこで、おいしくないことを遠回しに伝えてみましょう。

「おいしいけど、もうちょっと薄いほうがいいかな」
「関西の味って感じだね」

このような言葉で、遠回しに味を変えて欲しいとお願いするのです。

相当鈍感な彼氏でない限りは、このような言葉を言われた意味に気付きます。そのため、次はあなたに褒めてもらえるような料理を作ろうと思うでしょう。

ただし、遠回しとはいえ彼の料理を否定する言葉ですので、機嫌を悪くしてしまうこともあります。多少のリスクはあるため、そこは覚悟しておいてください。
彼と絶対にケンカしたくないという場合、どんなにおいしくなくても我慢して食べるという方法もあります。

ある程度食べた上で「さっきちょっと食べたからお腹いっぱい」と言えば、全部は食べなくても彼を納得させることができるでしょう。

ただし、我慢して食べると彼は何度も同じ味付けの料理を作ることになります。そのため、彼に別の料理が食べたいとおねだりするなどして、最悪の自体を回避しましょう。
彼氏が自信満々に作ってくれた料理を「おいしくない」と断じてしまうのは、やはり気が引けるでしょう。

もしもそのようなことをしてしまえば、彼が二度と料理を作ってくれなくなってしまう可能性もあります。

とはいえ、おいしくない料理を食べ続けるのは辛いものです。そのため、今回紹介した方法を使って、この難局をなんとか乗り気っていきましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事